21│2022年05月22日 復活節6 父のみもとに行く

週 句 この福音のためにわたしは苦しみを受け ついに犯罪人のように鎖(くさり)につながれています。しかし神の言葉はつながれていません。
聖書    テモテへの手紙二 2章9節
説 教 「いい地、旅立ち」高橋牧師
聖書    エレミヤ書10章1~17節

「旅立ちへの促し」
 預言者エレミヤの時代を生きた人々は癒やしがたい傷を抱えていました。知らず知らずのうちに世界が崩れ、人々は捕囚の民となり、涙に暮れる日々が続きます。そこに民の破滅を「手軽に治療」(8章11節)しようとする偽預言者が現れます。また、民自身についても、深刻な事態に陥っている現実を認めることのできない愚かさが描かれます。試練の中で外の視点を失い、正しく自らの姿を見つめたり、事態を掌握したりすることができなくなった人々は、自分たちが与えられた人生を主体的に生き抜くことが難しくなっていきます。その有り様は、彼らが悪人であるという意味よりは、神の似姿として創られた人間に期待された生き方から引き離されていた哀れな状態であると言えます。本日の聖書箇所には、一見すると厳しい言葉が書き連ねられていますが、神様はエレミヤを通して、悲惨な状態に陥った「心に割礼のないイスラエルの家」(9章25節)の人々に現状を認識させ、その今陥っている状態からの解放、すなわち新たな旅立ちを促しているのです。「異国の民の道に倣う」(10章1節)のは、神の民にふさわしい生き方とはほど遠いからです。
 エレミヤの時代から600年後、イエス様の十字架を前にして逃げ出した2人の弟子が、その数日間に起こった出来事について話し合いながら、エマオという村に向かってトボトボと歩いていました(ルカによる福音書24章13~35節)。イエス様ご自身が近づいて来て話しかけたというのに、そして長時間そこから一緒に歩いて会話を続けていたというのに、2人はそれがイエス様だとは気づきませんでした。しかしパンを取り杯を交わしたとき「私たちの心は燃えていたではないか」(32節)と気づきます。そしてすぐに彼らは背を向けて歩いてきたはずのエルサレムへと戻るのです。この旅立ちによって、彼らは聞いていたはずの復活の喜びを本当に新たにされ、真のキリストの弟子として宣教の業へと開かれていくのです。