11│2022年03月13日 復活前5 悪と戦うキリスト

週 句 杯を取り、感謝の祈りを唱えて、彼らにお渡しになった。彼らは皆その杯から飲んだ。
    聖書 マルコ14章23節
説 教 「そんな聖書なんていやだ」高橋牧師
    聖書 マルコ12章18-27

「なお十字架は輝けり」
 先日行われた同宗連総会後に開かれた記念講演会で、「人の世に熱あれ、人間に光あれ」と人間の尊厳と平等をうたった、100年前の水平社創立宣言(1922年3月)の言葉に胸を打たれました。この宣言における「熱」とは、人と人とが触れ合う人間の暖かさのことを指しているそうです。それは人間どうしの分断に対する抵抗でもありました。
 今でもなおさまざまな力によって、分断は続いているばかりか、新たに生み出され続けてさえいます。日本バプテスト連盟現地支援委員会による「東日本大震災から11年を数えての祈り」にも、地震災害だけでなく原発事故をはじめとした人災による分断や差別への抵抗があります。
しかし主は、こうした混沌のすべての地にあって、「光あれ」と叫ばれます。「『光あれ。』こうして、光があった」という圧倒的な創造の業に、私たちは希望を置きます。主よ、どうかこの混沌の地に生きる私たちの只中に、光を創造してください。主にある光が、すべての人を照らし、温めてくださいますように。そして、十字架で苦難を負い、復活された主イエスの寄り添いと慰めが、すべての命と共にありますように。―2022年3月11日(全文は教会に掲示)
 この祈りを共にしつつ、また私は当時東北に住む大学生のひとりだった者として大変大きな希望を与えられた聖歌397番「遠き国や」の歌詞を思い起こします。(残念ながら新生讃美歌には掲載がないのですが)
遠き国や海の果て いずこに住む民も見よ なぐさめもて変わらざる 主の十字架は輝けり慰めもて汝が為に 慰めもて我が為に 揺れ動く地に立ちて なお十字架は輝やけり
 十字架と復活は、私たちの主イエスの暖かさを私たちに注ぎ続け、その愛は決して尽きることがないのです。
キリストが復活しなかったのなら、わたしたちの宣教は無駄であるし、あなたがたの信仰も無駄です。(コリントの信徒への手紙一15章14節)