30│2021年07月25日 聖霊降10 憐みの福音

週句 農夫は、秋の雨と春の雨が降るまで忍耐しながら、大地の尊(とうと)い実(みの)りを待つのです
ヤコブの手紙5章7
説 教「史上最大のプロポーズ」牧師:高橋周也
    Ⅱコリント5:14 ~ 6:2

「心で読み、祈る聖書」
 伝統的な聖書の読み方あるいは祈り方に、「レクティオ・ディヴィナ」という方法があります。6世紀にモンテ・カシノ修道院を設立した聖ベネディクトが提唱したとされ、カトリック教会などでは現代でも用いられているやり方です。
 どの箇所を読む時にも用いることができると思いますが、特に詩編が好まれます。
 このようなやり方が推奨されています。
「① 詩編を一つ、ゆっくりと声を出して読む。
一つひとつの言葉を自分の心に触れさせながら。
②もう一度、ゆっくりと黙読する。今度は、どの言葉が自分の中にある思いを呼び起こしてくれるかを感じ取ろうとする。
③一行、二行分くらいを選ぶ。
④その言葉に自分の心を乗せてやるつもりで、声を出して読む。
三度、間をおいて、ゆっくりと読む。
自分の心とほとんど響き合わない言葉もたくさんあるでしょうが、それは気にしないでください。ただ、どの言葉も一度は心に触れさせてください。」
(来住英俊)『目からウロコ 詩編で祈る』女子パウロ会、2005年、86-87頁より)
 詩編には様々な言葉があります。賛美、喜び、悲嘆、怒り、苦しみ、試練・・・これらを通して先人たちが綴った言葉を繰り返し読み、その言葉で神に祈り願うとき、「学ぶ」のとはまた一味違うところで、深い喜びが与えられます。そのとき、神と私たちの間に心の対話が起こっているのです。私もよくこの方法を使って聖書を読んでいます。個人的に聖書を開くとき、礼拝で交読をするとき、詩編の言葉に心をのせて読みたいものです。皆様もぜひお試しあれ。