21│2021年05月16日 復活7 キリストの昇天

週句 

わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。
ヨハネ福音書12章32節
説 教 「もうそれでよい」 牧師 高橋周也
     ルカによる福音書22章44~53節

「誰が、なぜ、裏切ったのか」 
最近、故藤澤一清牧師の遺稿集がまとめられました。かつて私が社会人時代に花小金井教会にいた頃、既に牧師を引退されていましたが、教会生活を共にした方です。岡山への赴任が決まってから、先生が当教会のバプテスマ第1号の方であったことを知りました。初代牧師・故藤澤?牧師のご子息として、操山高校、岡山大学での学生時代を当地で過ごされました。お連れ合いも、この近所にご実家のある当教会の元メンバーです。
第二次世界大戦の時代、牧師家庭だったためにスパイの子と呼ばれ非国民扱いされた国民学校時代、長崎で被爆者となったこと、当時の教会のことなどが、遺稿集に多く綴られています。どんなにお辛い経験だったのだろうと思います。 
しかし、その中にこのような言葉があったことに、私は驚きました。
考えてみるに、私は自分の人生を無意識のうちに被害者意識でとらえてきたのかもしれない。
別なところにはこのようにも書かれています。
戦争の被害者はキリスト者を含めた日本の民衆でした。ところが、そのキリスト者を含めた日本の民衆が近隣アジアの民衆に対する加害者でもありました。
 岡山教会から西南神学部に進み牧師となった一清先生は、ある時このことに気がついて聖書の物語を「加害者」として読んだときに、聖書が人生の教科書以上のものになったと語ります。
そういうつもりでユダの物語を読む時、私たちはユダが単に「裏切った」わけではないと気がつきます。ですがそれは決して悪の正当化ではありません。