33│2020年08月09日 聖霊降臨11 聖餐

週    句

多く与えられた者は、多く求められ、多く任された者は、更に多く要求される。
ルカによる福音書12:48
説  教  「聖餐」

箴言9:1~11、Ⅰコリ11:23~29、ヨハ6:41~59、詩編78:23~39。

「わたしがあなた方に伝えたことは、わたし自身、主から受けたものです。すなわち…」この第一コリントの箇所は、聖餐式において繰り返し読まれ、また聞かれてきた言葉です。11章において「主の晩餐」についての指示、制定、その守り方に関する論が展開されていきます。初代の教会、ことにコリントの教会における主の晩餐のあり様については様々に論じられてきており、また今日の教会においてもそれぞれの伝統や理解の中で多様な聖餐が行われています。ここで聖餐に関する議論を深める余白はありませんが、「パンを取り、感謝の祈りをささげて、それを裂き、与える」という4つの行いがここに提示されています。
「聖餐」を表す語もまた多様ですが、近年エウカリスティア(「感謝の祈りをささげて」)に当たるギリシア語が、呼び名としてエキメニュカルな対話の中で好んで用いられるとのことです。聖餐の意味を表すものとしてこの語が持つ意味を思わされます。
主イエス・キリストが私たちのために苦しみを負われ、自ら十字架の死を引き受けていかれた。裂かれたパンと杯を受けることを通して、私たちは主の救いの業を思い起こし、この私もその業の中に入れられているという恵みの現実を知らされていきます。そして、様々な分裂の危機にあったコリントの教会に対してパウロが共同体の一致を説いたように、イエスを主と告白するすべての者が等しく共同の食卓へと導かれていきます。この救いと招きに与り、共に座す恵みを覚える時、私たちは感謝せずにはいられない、感謝の祈りをささげずにはいられません。救いに与る、招きを受けるという体験から、私たちはそれぞれの形で主と共に、主に従う生き方へと導かれていきます。感謝と喜びのうちにこの招きを受け、一人一人に委ねられた働きを担う者とされていきましょう。
「礼拝と音楽」より