29│2020年07月12日 聖霊降臨7 生命の回復

週    句

あなた方は恵みにより、信仰により救われました。この事は自らの力によるのではなく神の賜物です。
エフェソの信徒への手紙2:8
説  教  「生命の回復」

ホセ14:2~8、使徒9:36~43、ヨハ4:43~54、詩編49:13~21。

タビタの奇跡物語は、使徒言行録の中でも特徴的なものと言えます。彼女は癒しの奇跡を受ける者として使徒言行録の中での最初の女性であり、また「婦人の弟子」と訳される言葉は新約聖書の中で唯一の箇所であり、そして彼女はキリスト教宣教が拡張されていく、その初期の働きに参与して代表的人物と評価されます(E.S.フィオレンツァ)。
彼女の詳細については分かりませんが、彼女が寡婦となった女性のために仕えていたことが明らかにされます。「弟子」と言われることから彼女が何らかの指導的立場にあったことが推測されますが、もしかすると他の女性たちと同様に経済的に強くないところで共同の生活をしていたのではないかとの見方もなされているようです。
当時の社会の中でも最も低くされ、奴隷とされてしまう、死の危険にさらされてしまう可能性も高かった女性たちに仕えたタビタ。彼女の死が即共にあった女性たちを危機にさらすものであったことは想像に難くありません。「泣きながら、ドルカスが一緒にいた時に作ってくれた数々の下着や上着を見せた」という女性たちの姿、ここにどのような思いが込められているのか、答えは一つではありませんし、それぞれが思い巡らすことは有益なことでしょう。
ペトロはこのような女性たちの姿を見、タビタを生き返らせようとします。それはその女性たちに連帯しようとするぺトロの姿であり、また失意のどん底にたたき落され、弱さに弱さを、困難に困難を塗り重ねられようとしている女性たちがそのまま放っておかれることはないという神の業が現わされていると受け止められます。それは主イエスの語られた言葉、行い、特になされた奇跡にも通じるものです。
人々を失望のうちに終わらせられない、弱さや困難の中にある人々を省みられる神の業に信頼しながら、それぞれが仕える働きへと召されていきたいと思います。
「礼拝と音楽」より