19│2020年05月03日 復活4 弟子への委託

週    句

キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。
コリントの信徒への手紙Ⅱ 5:17
説  教 「弟子への委託」

弟子への委託
イザヤ62:1~5、黙示3:14~22、ヨハ21:15~25、詩118:1~12。

ペトロからすれば3度もイエスから「わたしを愛しているか」と訊ねられて悲しくなるのは当然、同情もしたくなります。しかし、かつて主イエスが逮捕される際、ペトロは3度イエスのことを知らないと拒絶をした、イエスの3度の問いはそのことに関連づけて読まれることでしょう。いわゆる国語の問題で17節に線が引かれ「なぜペトロは悲しくなったのでしょうか」との問題が出されたとすると、私たちはどのように答えるでしょうか。登場人物の心情に思いを寄せてみても答えは一つではありません。イエスを拒絶したあの日あの時の出来事を思いだした、という見方もあり得ることでしょう。
この箇所で主イエスは「わたしの羊を飼いなさい」と、羊飼いの職務をペトロに委託します。D.ボンヘッファーは良い羊飼いについて「自分の飼う羊の群れのために狼と戦う。……彼は自分のすべての羊を名ざしで知っており、羊を愛している。彼は羊の困窮と弱さを知って」おり、他方悪い羊飼いについては「暴力をもって羊たちを支配し、群を忘れて自分の事柄のみを追求」すると指摘します(『キリストに従う」)。
良い羊飼いとしてペトロを召し出し、その働きへと派遣する主イエス。そこに資格審査は伴いません。あの日あの時イエスを裏切り、イエスを拒絶したペトロをそのままに招き遣わされる。このイエスの愛と赦しを受けるからこそ、「羊のために命を捨てる」良い羊飼い(ヨハネ10.11)である主イエスから託された、良い羊飼いとしての務めにペトロは踏み出していくことができたのではないでしょうか。暴力をもって支配し、自分の事柄のみが追求されることがまかり通る世にあって、主イエスが一人一人を召し出し、「わたしに従いなさい」と語りかけてくださる。その主の愛と赦しに満ちた招きに応える者とされていきたいのです。
「礼拝と音楽」より