15│2020年04月05日 降誕1 十字架への道

週    句

人の子も上げられねばならない。それは、信じる者が永遠の命を得るためである。
ヨハネによる福音書3:14、15
説  教  「十字架への道」      :佐野静樹

十字架への道
創22:1~18、ヘブ10:11~25、ヨハ18:28~40、詩64:2~11。

わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの
世に来た。真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。
ヨハネによる福音書18:37b
イエスの逮捕?尋間に至る過程の中には多くの人間の感情が渦巻いています。「ホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるよられように、イスラエルの王に」(ヨハネ12・13)との歓呼の声から一変、裏切りや憎悪、企て、疑念、そのような言葉が当てはまる様が描き出されていきます。エルサレム入城からこの場面に至るあまりの変化は読む者に戸惑いさえ与えるのではないでしょうか。
「変化」といえば、別の変化をしている人物がいるように思います。それがイエスご自身です。イエスは、弟子たちと度々集まっていた場所、ユダもその場所を知っていたキドロンの谷の向こうの園へと赴かれます。ユダの裏切りをすでに予告されたイエスの姿を思えば、自分の姿が見つけられるようにとそこに姿を現されるかのようです。そこに「心騒ぐ」と、内なる葛藤を吐露しながら受難の道を歩んでこられたイエスの姿は見られません。むしろ迫り来る苦しみを御自ら引き受けられようとしておられる主の姿を見ます。
人間が有する負の側面、闇の支配を思わずにはいられない状況の中で、神の子としての姿を示される主イエス。その主の姿を前に、人間の企てや悪の力は無力化されていきます。降誕日に分かち合った「闇は光に勝たなかった」(聖書協会共同訳)との言葉がここでも明らかにされます。闇に支配されているようなこの受難の出来事の中で神の御業が進んでいく様を心に刻んでいきたいと思います。              「礼拝と音楽」より