04│2018年01月21日 降誕節4  最初の弟子たち

週    句

あなたの上には、主が輝き出で、主の栄光があなたの上に現れる。
イザヤ書 60:2
説  教    「わたしについて来なさい」:梅田 環

最初の弟子たち
エレ1:4~10、使9:1~20、マコ1:14~20、詩100:1~5。

イエスは、「わたしについて来なさい。……」と言われた。二人はすぐに網を捨ててしたがった。……ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネもイエスのあとについていった。
マルコによる福音書 1:17?20

 神に召されてあることを「召命」と言います。教会の教職などが神からの召命によるものだと考えられていました。しかし、マルティン・ルターは、教会の教職に限らず、一人ひとりが召命を受けており、社会での働きも神から受けた使命であると語ります。「ベルーフ!」。
 イエスに招かれた人々に求められたことは「イエスに従う」ということです。イエスの歩みは、神の言葉を語るだけでも、神の掟を守っているかどうかを監視することでもなく、神の言葉を実践する、ということであった。飢えている人にパンを与え、病の人を癒し、孤独を感じる人のそばに行き、救いを告げた。イエスの足は孤独な人の隣人となるために駆け、イエスの手は傷ついた心や体に触れ、イエスの口は慰めを語り、イエスのはらわたは隣人への憐れみによってちぎれるような痛みを感じた。
 神は、イエスを通して全ての人を救うと約束された。そのために、イエスは全身全霊をもって働かれた。その救済という神の働き、すなわち、イエスの働きに、わたしたちキリスト者は招かれている。神の恊働者となるよう求められている、ということです。
 イエスは隣人のために知恵と力とをもって全力を尽くすことを教えられた。それを、日々の働きの中で実践するようにと、求められた。神は、出会う人々を恐れるな、わたしが共にいると励ましてくださる。どうしてよいか分からないときは、必ず、なすべきことは何かを、知らされると言われる。神の約束を信じて与えられた使命を果たしたい。