49│2017年12月03日 降誕前4 主の来臨の希望

週    句

見よ、あなたの王が来る。彼は神に従い、勝利を与えられた者。
ゼカリヤ書 9:9
説  教    より意識的に生きよう! :梅田 環

主の来臨の希望
イザ51:4~11、Ⅰテサ5:1~11、マル13:21~37、詩82:1~8。

わたしに聞け/正しさを知り、わたしの教えを心に置く民よ。/人に嘲られることを恐れるな。/罵られてもおののくな。
イザヤ書 51:7

 アドヴェント(到来、待降節)。教会の新しい暦は始まった。この時を、わたしたちは、希望に溢れて、迎えているだろうか。今、世界を見渡すと、希望よりも不安の方が勝っているように見えます。
 イザヤ書51章は第二イザヤと呼ばれる無名の預言者が活動した時代です。バビロン捕囚によってイスラエルの人々は故郷を失い、心の拠り所であった神殿も失いました。それでも、神への信仰を奮い立たせて来ました。彼らを支えていたのは、エルサレムへ帰るという希望でした。いよいよ帰還が現実のものとなりました。イスラエルの人々は喜びと希望に満ちあふれているはずでした。しかし、彼らを待ち受けていたのは、廃墟となったエルサレムと、民の離散という現実でした。この現実に彼らは疲れ、希望を失いました。次第に、現実を直視しなくなり、神に信頼を置くことも、御心を尋ね求めることも、しなくなりました。神に背を向け、自己憐憫に陥った人々に、神は呼びかけます、「心してわたしに聞け。わたしに耳を傾けよ」と。目覚め、身を起こし、神が示す希望を見よ、語りかけるのです。
 人生のどん底で、助けも期待できず、望みも叶わないとき、わたしたちは考えることをやめ、変革の声を上げることを諦めてしまいます。しかし、神は、求めます、自分にしか向いていなかった顔を上げ、自分の声しか聞かなくなっていた耳を神に傾けよ、と。神は、約束されます、生易しいものではないわたしたちの現実を、闇が覆いつくそうとしている現実を照らす希望の光を与える、と。
 わたしたちに求められているのは、より意識的に生きること!