42│2017年10月15日 聖霊節20 信仰による生涯

週    句

神を愛する人は、兄弟をも愛すべきです。これが、神から受けた掟です。
ヨハネの手紙 一 4:21
説  教   「走り抜こう、イエスを見つめ」    :梅田 環

信仰による生涯
ヨシュ6:1~20、ヘブ11:17~22、マタ21:18~32、詩31:22~25。

自分に定められている競走を忍耐強く走り抜こうではありませんか、信仰の創始者でありまた完成者であるイエスを見つめながら。
ヘブライ人への手紙 12:1c〜2a

 信仰を持って生きかつ死んだ先達の名が列挙されています。イサク、ヤコブが将来の来るべきことを信じて子孫のために祈り、年老いたヤコブが杖で体を支えつつ礼拝したことを記し、信仰を最期まで貫いたことを伝えました。22節の「脱出」とは出エジプトのことで、イスラエルの救いの原体験として語り継がれて来ました。
 信仰により、紅海をわたることができ、エリコの城壁が崩れ、イスラエルに神さまの存在を見出したラハブが救い出されたことに触れ(ヨシュ6:1~20)、神さまはそれぞれの信仰ゆえに導いて来たということを思い起こさせるのです。
 ヘブライ語聖書(旧約のこと)が語るように、彼らにも罪があるのですが、それにもかかわらず、神の導きを証しする者として、用いられて来たことを思いますと、この書簡の根底には、大祭司キリストが執り成してくださるという福音が響いているのです。「御目の前から断たれた」と、絶望した者が嘆き祈るとき、その声を聞いてくださる神さまの慈しみがあるのです(詩31:23)。だから、「考え直して」(悔い改めて)、従う者となるように、と勧めるのです。
 続く12章では、多くの証人に囲まれているのだから、忍耐強く走り抜こう、と、著者は呼びかけます(ヘブ12:1~2)。「信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめ」走ることこそ、11章の結論です。迫害の厳しい時代にあって、すでに、先達がこれに耐えて来たのだから、あなたがたも、最期まで忍ぶように、と勧めます。