23│2018年06月03日 聖霊降臨3 伝道する教会

週    句

あなたがたに耳を傾ける者は、わたしに耳を傾け、あなたがたを拒む者は、わたしを拒むのである。
ルカによる福音書 10:16
説  教  「大胆に御言葉を語ることを」:梅田 環

伝道する教会
歴下15:1~8、使4:13~31、マコ1:29~39、詩69:17~22。

わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです。
使徒言行録 4:20

 伝道に励む使徒たちと、それを阻もうとする世との対決とも言えるシーン。発端は、足の不自由な人の癒しだった。問題とされたのは、癒しそのものではなく、何によって癒したかということだった。
 使徒たちは、癒すにしても、語るにしても、祈るにしても、常に、「イエス・キリストの名」において行っていた。彼らの力で、奇跡を行ったのでも、彼ら独自の考えを語っていたのでもない。神の恵みが豊かにあること、人々の内にイエス・キリストおられること、を証ししていた。それを、あろうことか、エルサレムで語り、かつ、行っていたのである。イエスの十字架刑から数ヶ月しか経っていないにもかかわらず。
 エルサレムには、イエスの十字架を目撃し、それが本当に正しいことであったのか、と疑念をもつ者もいたであろう。権力者が最も恐れるのは世論である。彼らは、世論を先導して、イエスを十字架にかけることに成功した。もし、今、それが虚偽に基づくものだという世論が大きくなったら……、と恐れたのではないだろうか。彼らは「神のみ心は何か、神の目から見て正しいことか」を神に尋ね、祈ることを忘れている。彼らの中心は、神ではなくなっている。わたしたちも世間の声に左右され、恐れを抱く。その声の前では、信仰は弱いかのように思われる。
 この不当な仕打ちを受け、使徒たちは祈る。「彼らの脅しに目を向けてください」と。しかし、それに続く祈りは「彼らを懲らしめてください」ではなく、「大胆に語らせてください」との願いである。

2018.06.02(日)の礼拝の週報

22│2018年05月27日 聖霊降臨2 神の子とする霊

週    句

聖なる、聖なる万軍の主。主の栄光は、地を全て覆う。
イザヤ書 6:3
説  教    「『アッバ、父よ』と呼ぶ」:梅田 環

神の子とする霊
申6:4~9、ロマ8:12~17、マコ1:9~11、詩97:1~12。

あなたがたは、……神の子とする霊を受けたのです。この霊によって、わたしたちは「アッバ、父よ」と呼ぶのです。
ローマの信徒への手紙 8:15

 パウロもまた「アッバ、父よ」と、神を呼ぶ。厳格なユダヤ教徒だった頃の彼は、神を「アッバ」と呼ぶことなどあり得ないことだった。神とイエスの親密な関係性は、以前のパウロには、理解できなかっただろう。それもそのはず、イエスが神を「アッバ」と呼ぶとき、イエスは最も苦しみ、悩んでいた。人々から嘲りを受け、ボロボロの姿になられたイエスは、以前のパウロの信仰によれば、神に認められるはずのない存在、落伍者だった。
 しかし、イエスとの出会いが、パウロを解放した。イエスの十字架は、どのような状況にあっても、神は見捨てないこと、死でさえも、神の愛から離すことはできないことを、明らかにした。そして、復活は、パウロを苦しめていた物差し、価値基準を打ち破り、すべてのものを包み込む神の愛を示した。彼自身の物差しや価値基準の奴隷となっていたパウロを、自分で自分を義としようする苦しみから自由にしてくださった。そのイエスに出会って、パウロは、神を「アッバ」と呼ぶことができたのだ。
 彼が恥じていたボロボロの姿で、アッバと呼ぶ、そんな自分を、神は受け入れてくださった、いや、最初から、神のみ手の内にあったのだ、と言うことに気づいた。それまで、彼の中で、最も力を振るっていたものが崩れ去り、イエスと共に神の子どもとして生きる道を歩むことになった。
 このイエス(神)経験を通して、パウロは、わたしたちも神の娘であり、息子であることを宣べ伝える。

2018.05.26(日)の礼拝の週報

21│2018年05月20日 聖霊降臨1 聖霊の賜物

週    句

武力によらず、権力によらず、ただわが霊によって、と万軍の主は言われる。
ゼカリヤ書 4:6
説  教    「わたしたちの言葉で聞く」:梅田 環

聖霊の賜物
ヨシュ1:1~9、使徒2:1~11、マコ4:26~34、詩122:1~9。

……アラビアから来た者もいるのに、彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは。
使徒言行録 2:11

 使徒たちに聖霊が降ったのは五旬祭の日であった。五旬祭は、石板に記された律法が、モーセを通して、神の民に与えられたことを記念する祝日でもある。この日、エルサレムには、様々な国から、ユダヤ人が集まっており、本来なら、弟子たちもこの日を祝っていたことだろう。しかし、イエスの十字架、復活、昇天を経験した彼らは、外出もできず、共犯関係にある友と共に一つところに集まり、祈っていた。
 そこに、聖霊が降り、炎のような舌が一人一人に与えられた。言葉を発する行為は口の役割であるように思うが、聖書においては、舌が言葉を語るという理解である。しかし、舌は罪を犯しやすい器官として注意を払うよう諭されてもいる。まさに、使徒たちは、この舌で、イエスを裏切る罪を犯した(!)。イエスを信じ、愛していると言った同じ舌で呪いの言葉を発したのだ。使徒たちは、その罪の重さゆえに、口を開くことを恐れていたのではないだろうか。また、このエルサレムにおいて、自分はイエスとは何の関わりもないと、関係を切り捨てたのだから、今さら、イエスの復活や福音を宣べ伝えたところで、信じる者などいないように思われたであろう。
 舌という字は、口から外に出ている様を表しているという。家から外に出ることのできない使徒たちは、舌がないも同然の状態であった。その彼らに、舌が与えられ、様々な言葉で話すという奇跡が起きた。しかし、真の奇跡は、他言語を話せるようになったことではなく、彼らの言葉が「神の偉大な業」を証しする言葉として、聞く人の心に染み込んだということではないだろうか。

2018.05.20(日)の礼拝の週報

20│2018年05月13日 復活7 キリストの昇天

週    句

わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。
ヨハネによる福音書 12:32
説  教  「イエス・キリストを知る」!:梅田 環

キリストの昇天
イザ45:1~7、エフェ1:15~23、ヨハ17:1~13、詩102:13~19。

永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。
ヨハネによる福音書 17:3

 「イエスの執り成し」、また、「大祭司の祈り」とも呼ばれるイエスの祈りです。大祭司には、ユダヤ教の祭司階級の長として、人々に神の意志を伝えたり、神に捧げものをしたりして罪を贖う務めがあった。また、最高法院のメンバーであり、人を裁くこともできた。イエスを有罪とし、ピラトに引渡したのも、大祭司だった。
 しかし、聖書は「まことの大祭司」であるイエス・キリストは力を振るうのではなく、愛する者のためただ祈る方である、と語る。イエスが愛する者とは、イエスを裏切った者たちである。彼らは、イエスが苦しみの極みの中で助けを求めている時に、イエスを見捨てた。関係を絶たれたイエスは、孤独の中、死なれた。
 このイエスの姿に、人々は「所詮、人は、独りで生まれ、独りで生き、独りで死ぬ」のだ、と、絶望をもって語るかもしれない。数年前、「無縁社会」という新造語が現れた。この国では、「縁」を大切にする文化が根強かったが、近年、縁の結びつきが弱くなっているのだろう。孤独死する人も増えていると言う。人は独りで生まれ、独りで生き、独りで死ぬのだろうか。
 イエスは縁を切られ、人生の最後を孤独に過ごされ、そして、それは死をもたらすほど強い力であった。孤独は、結びつきよりも力を振るっているように見えた。しかし、神は、裏切り、切り捨て、「所詮、人は独り」という風潮に対して、「否」を突きつけ、神は孤独を望まれる方ではないことを示された。イエスは、ご自分を裏切ろうとした者を許し、その者たちと何度も出会い、その者たちのために祈る。

2018.05.16(日)の礼拝の週報

19│2018年05月06日 復活6 父の御許に行く

週    句

神をたたえよ。神は、わたしたちの祈りを退けることなく、慈しみを拒まれなかった。
詩編 66:20
説  教    「心から喜ぶことになる」 :梅田 環

父のみもとに行く
創18:23~33、ロマ8:22~27、ヨハ16:12~24、詩15:1~5。

……、しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。……
ヨハネによる福音書 16:22

 「昇天」という出来事は「第二の受難」とも言われる。それほど、つらさを伴った出来事なのです。復活後、弟子たちに御自身を顕わされ、共に歩んで来たが、いよいよ地上での歩みを終え、見える形では、弟子たちと共に歩むことができなくなる。イエスの十字架の死も、昇天の出来事も、弟子たちにとっては、喪失の経験であり、心の支えを失うことであり、それは、悲しみと苦しみの経験である。そのような経験を経なければならない弟子たちに、イエスが語ったことは、その苦しみへの対処法でもなければ、逃げ道でもなかった。「悲しみは喜びに変わる」という希望を語るのである。
 聖書では、しばしば、苦しみの状況の中で喜びが語られる。しかし、苦しい時、悲しい時、自分の醜さと戦っている時、わたしたちは喜ぶことなどできない。喜びとは、無意識の内に、わき上がって来るもの。不幸のどん底にいる時、腹が立っている時、痛みを抱えている時、喜べるだろうか。せいぜい、作り笑いをするのが関の山。笑顔は心の状態とは裏腹に作ることができるから。しかし、喜びは、わたしたちの努力では、どうにもならない部分なのである。
 イエスは、わたしたちの現実を無視して、苦しみにあっても、「喜べ!」と、無理強いしているのではない。喜べない現実を受けとめつつ、それでも、なおあなたを捕らえて離さない喜びがある、と確信を持って語る。その喜びとは、どのような状況にあっても、わたしはあなたから離れることは決してない、と言う約束と、あなたの味わっている苦しみを生かす、という約束なのである。

2018.05.05(日)の礼拝の週報

18│2018年04月29日 復活5 神 の 民

週    句

新しい歌を、主に向かって歌え。主は驚くべき御業を成し遂げられた。
詩編 98:1
説  教    「つながっていれば…」   :梅田 環

神 の 民
出19:1~6、Ⅰペト2:1~10、ヨハ15:1~13、詩95:1~11。

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。
ヨハネによる福音書 15:5

 一見、わたしたち自身が選択するかどうか、実を結ぶ枝かどうか、そのために努力するかどうか、わたしたちの努力が問われているように思われる。何か、良い結果を出さなければ、捨てられてしまう、そのような厳しさがあるように、読める。が、実は、イエスは全く逆のことを語っているのです。
 「つながる」という言葉は、「〜であり続ける」という意味がある。わたしたちではなく、イエスが、わたしたちに永続的につながり続けていてくださるのだ。それは、つまり、わたしたちの素質や努力にかかわらず、わたしはあなたにつながり続ける、どんなことがあっても、その絆が切れることはない、という約束である。
 わたしたちは、自分の力で、爪を伸ばすことも、身長を伸ばしたり縮めたりすることもできない。それはすべて神の業である。イエスは「わたしの父は農夫である」と言われる。神が農夫として、実を付ける枝を育てる、と言われる。自分で大きくなって実をつけよ、自分でなんとかしなさい、と言うのではなく、神が、わたしたちのために、汗水流して、育て、忍耐を持って、実りを待ってくださるのだ。
 さらに、わたしたちは、イエスに繋がる他の枝にも、目を向けなければならない。この時代、自分と同じ考え方の人とのみつながり、相容れないものはブロックする傾向にある。しかし、神の国では、だれ一人として排除されてはおらず、すべての人が神と繋がっている。わたしたちはすべてが神に繋がる神の民である事実を生きたい。

2018.04.29(日)の礼拝の週報

17│2018年04月22日 復活4 キリストの掟

週    句

キリストと結ばれる人は、だれでも、新しく創造された者なのです。
コリントの信徒への手紙二 5:17
説  教    「新しい(?)掟」  :梅田 環

キリストの掟
レビ19:9~18、Ⅰヨハ4:13~21、ヨハ13:31~35、詩34:2~8。

あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに……
ヨハネによる福音書 13:34

 「自分自身を愛するように、隣人を愛しなさい」とすでに語られている(レビ19:18)。他者を愛するためには、まず自分自身を愛さなければならないのだが、わたしたちにはそれができない。
 そのようなわたしたちに、イエスは新しい視点を与えられる。「わたしがあなたがたを愛したように」愛する生き方である。わたしが自分を愛せているかどうかが問題なのではない。イエスがわたしを愛してくださっていることに、目を向け、イエスにしていただいたように、隣人を愛することが、新しい掟として示される。
 これらを語ったのち、イエスは十字架への道を進んで行かれる。そこでは、裏切り、嘲笑、暴力など、わたしたちの愛せない部分が具現化する。それは、イエスを傷つけ、ついには、死にいたらしめる。しかし、イエスは、そうした人々を愛し続けてくださる。そのようなイエスを見て、はじめて、わたしたちは隣人を愛することへと一歩を踏み出せるのではないだろうか。
 イエスは、まず、遣わされた場所で、愛を実践することを求めておられる。それは、家庭、学校、職場、地域など、それぞれに違っているが、その小さなコミュニティの中で、まず、イエスが示された愛を隣人に対して表さなければならない。この最も近い存在に愛を示さなければ、相手は愛されなかった自分自身をどう愛してよいのか分からずに苦しむのだ。わたしたちが愛の業を行ったとき、背後にイエスの働きがあることが証しされる。イエスは今なお生きて働く方、つまり復活の主であることが証しされる。

2018.04.22(日)の礼拝の週報

16│2018年04月15日 復活3 まことの羊飼い

週    句

わたしは良い羊飼い。わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らに永遠の命を与える。
ヨハネによる福音書 10:27、28
説  教    「わたしは門である」:梅田 環

まことの羊飼い
エゼ34:7~15、Ⅰペト5:1~11、ヨハ10:7~18、詩23:1~6。

わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける。
ヨハネによる福音書 10:9

 わたしたちは、今を、生きている。だから、いのちを持っていると思っている。しかし、イエスは、今生きていることと、いのちがあることとがイコールと考えてはいない。むしろ、生きていながら、いのちを失っていると、指摘する。
 イエスは、いのちを失い、迷い、生きる気力を失った羊たちを探し、招かれる。しかし、それは特定の羊だけではない。イエスは語られる。「囲いに入っていない羊をも見つけて、導かなければならない」。
 「囲いに入っていない羊」とは、どのような人のことを指しているのだろうか。わたしたちは、様々な囲いの中で生きている。家庭、学校、教会、地域、国、など。そこには、ある一定の基準があり、それを満たさなければ囲いの中に居続けることはできない。追放されてしまうのだ。そして、囲いから出されてしまうと、不適合者というレッテルが貼られる。追い出された者は、空気が読めない人、わがままな人、誘惑に負けた弱い人、罪人、などのイメージがつきまとい、たとえ囲いの外でどんな目に遭おうとも「自業自得だ」と冷たい白い目で見られてしまう。一度、囲いから出されてしまうと、再び入ることは困難になる。外に出された羊、出ざるを得なかった羊に、イエスは目を注がれたのだ。
 一方、囲いの中も安心できる場所ではない。中では支配者たちが権力を振るい、統制しようとし、そこから外れる者を許さない。人々は、いのちを失っている状態である。イエスは両者を招き、そして、神の愛という囲いの中でいのちを得させられる。

2018.04.15(日)の礼拝の週報

15│2018年04月08日 復活2 復活顕現

週    句

神は豊かな憐れみにより、わたしたちを新たに生まれさせ、生き生きとした希望を与えてくださった。
ペトロの手紙一 1:3
説  教    「そこへイエスが」  :梅田 環

復活顕現
民13:1~2,17~33、Ⅱコリ4:7~18、ヨハ20:19~31、詩145:1~13。

弟子たちは……家の戸に鍵をかけていた。そこへイエスが来て……「あなたがたに平和があるように」と言われた。
ヨハネによる福音書 20:19

 きっと教会でイースターを祝うようなムードではなかっただろう。紛(まぎ)れもなく、自分たちの言動から、イエスのむち打ち、イエスの死刑宣告へと展開し、イエスの十字架刑へと至ったのだ。
 その只中にイエスは来られ、弟子たちのために平和を祈った。恐怖が支配する状況が平和・平安を取り戻すことは、まさに、癒しである。イエスは、罪に苛(さいな)まれ傷ついた弟子たちを、まず、癒された。その癒しは、個々人だけの事柄ではなく、神と人、人と人との破れた関係を再構築する力となるものである。自分たちの裏切りで、すべての関係が破れ、どうしてよいのか分からない弟子たちのもとへ、イエスは自ら赴き、平和の祈りによって、赦しを宣言した。そして、それが、破れた関係性や、切れた繋がりを新たに結び合わすことだと教えられた。
 これだけのことをしてもらうのに、弟子たちが行ったことは何もないと言っていい。バプテスマのヨハネは、立ち返り、罪を悔い改めて、初めて赦され救われる、と語った。しかし、イエスは、先立つ立ち帰りを求めず、自ら先に行動され、模範を示された。この赦しによって、弟子たちは新しいいのちを得た。彼らも復活を経験したのだ。
 そして、イエスは弟子たちを派遣する。傷つき、うずくまる者、罪に押しつぶされている者、関係が破綻して死の状態にある共同体を復活させるために。派遣するにあたって、イエスは、弟子たちに赦しの全権を与えた。弟子たちは、以前、支配的権威を求めたが、イエスが与えられるのは、赦しの権能である。

2018.04.08(日)の礼拝の週報

14│2018年04月01日 復活1 キリストの復活

週    句

わたしは一度は死んだが、見よ、代々限りなく、生きている者である。
黙示録 1:18

聖書朗読劇  復 活 〜《ガリラヤ》へ行かん〜

キリストの復活
出14:15~22、ロマ6:3~11、マコ16:1~8、詩118:13~29。

ところが、目を上げて見ると、石は既にわきへ転がしてあった。石は非常に大きかったのである。
マルコによる福音書 16:4

 彼女たちにとってイエスは朽ちる肉体を持った人間、死に打ち勝つことのできない限界と弱さを持った人間でしかなかった。
 うつむきつつ墓に向かう彼女たちの心にあるのは、自分たちの力では動かすことのできない大きな墓石をどうするかということである。イエスと彼女たちを隔てる大きく、硬く、重く、動かない石は、死の象徴である。死は、イエスと彼女たちの関係を壊し、彼女たちをうつむかせ、生きているものからいのちを奪うほどの圧倒的な力を持っている。イエスの死によって自分たちのいのちさえ脅かされている彼女たちは、それでもなお、現実を見なければならない。何とか墓石を動かして、油を塗らなければならない。墓と遺体にはイエスの壮絶な死が刻み込まれている。人々から「否」とされたイエスの人生・存在そのものを見つめなければならない。
 週の初めの日、日が出るとすぐに、マリアたちは自分たちの置かれた現実を直視しに出かけた。しかし、すでに、墓石は動かされ、イエスの遺体もなくなっていた。そして、白衣の若者がイエスの復活を告げる。週の初めの日は、「光あれ」との呼びかけによって、神が天地創造を開始された日である。神がお造りになった光が、真っ暗な墓の内部を照らす。それは、「否」とされたイエスのいのち・彼女たちのいのちを「然り」とされたとのメッセージではないだろうか。
 わたしたちをうつむかせ、黙らせる死が最も強い力を持つのではないことが、イエスの復活を通して世界に宣言された。この希望の光を確信して、世界の夜明けを待とう!

2018.03.31(日)の礼拝の週報