52│2018年12月23日 降誕前1 告 知

週    句

主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。主はすぐ近くにおられます。
フィリピの信徒への手紙 4:4、5
説  教    「ひとつの若枝が育ち」 :梅田 環

告   知
イザ11:1~10、Ⅰコリ1:26~31、ルカ1:26~38a、詩89:20~30。

エッサイの株からひとつの芽が萌えいで/その根から一つの若枝が育ち/その上に主の霊がとどまる。
イザヤ書 11:1

 政治指導者の失敗や経済的疲弊のあと、人間が世界に期待するべきものは何でしょうか。預言者イザヤはそれを端的に「一つの若枝」と言い表します。その人物には霊がとどまるが、それは正しく人を導くことのできる能力をこの人物に与えるもの、「主を知り、畏れ敬う霊」であるといわれます。
 造られたものとして、いのちに対する畏敬の念を持っていること、そのことこそ何よりも重要な、崩壊を経験した人々のための導き手の資質です。その霊に満たされたものに導かれる世界では、いのちの調和が生み出されるのです。それをイザヤは、自然界に存在する生き物の姿によって描き出しています。肉食獣と草食獣とが調和して生きる世界、それは、弱い者、傷を抱える者が、虐げられることなく、むさぼられることなく、生きることのできる世界の幻であるのです。
 この言葉を受け取った人々は、そのような世界をもたらす者を「平和の王」として待望しました。そこにおける平和は、ただ戦争のようないのちを損なう行為が存在しないということだけを意味するのではありません。また、それは、世界に困難があっても自分の内面には、平安が保たれる、というようなことでもありません。そこにおける平和は、そこに存在するものすべてが、内面的にも、外面的にも、全く健康で安全に保たれた状態で存在することのできる関係がある、ということを意味しているのです。
 世界の平和は、大きな暴力によって保たれているように見えますが、預言者は、全く暴力によらない平和を追求する幻を見ます。

2018.12.22(日)の礼拝の週報

51│2018年12月16日 降誕前2 先駆者

週    句

主のために、荒れ野に道を備えよ。見よ、主なる神は力を帯びて来られる。
イザヤ書 40:3、10
説  教    「娘シオンよ、喜び躍れ」 :梅田 環

先 駆 者
ゼファ3:14~18、Ⅰテサ5:16~24、ルカ1:5~25、詩85:2~14。

娘シオンよ、喜び躍れ。/……お前の主なる神はお前のただ中におられ、/勇士であって勝利を与えられる。
ゼファニア書 3:14、17

 輝かしい戦勝の喜びに満ちたイメージです。軍事的な敗北を経験したイスラエルの民が、そのような神の先導する戦勝のイメージを豊かに育てたことは、歴史的な経験を反映するものかもしれません。
 しかし、このような言葉が語られる前には、「その日」として、主の怒りが、余すところなく、あらわにされる日が来ることが、語られます。「主の日」とも呼ばれるそのときは、神ご自身が不正をただし、不義を絶つときであり、イスラエルの間に広がる悪を滅ぼし尽くす神の怒りの描かれかたは、凄まじいものがあります。
 その敗北に、意味を構築することが必要であったイスラエルの人々は、バビロニア捕囚を、このようにして、神による教育的な出来事として歴史の中に消化していきました。
 自分のかかわる不正や不義と向き合うことを、神は、否応なく人に求めます。そこからは誰も逃げられないものであり、逃げるべきではないのです。なぜなら、そのような裁きのときを経て、のち、神はその民を回復するからです。それは、人々が偽りから離れ、不正を行うことを止め、再び、神を求めて生きようと願う、という形で、生き方を変えて神に立ち帰るという回復を、神は人々にもたらします。
 そのようなイスラエルに与えられる幻が、主がただ中におられる、という冒頭のイメージです。ですから、そこにおける「勇士」のもたらす勝利は、単純に戦争に勝利するというようなことではありません。敗北を通してしか勝利しない、喪失を経験するからこそ回復をもたらす、そのような主が、わたしたちのただ中に来るときを待望しよう。

2018.12.17(日)の礼拝の週報

50│2018年12月09日 降誕前3 旧約における神の言

週    句

身を起こして頭を上げなさい。あなたがたの解放の時が近いからだ。
ルカによる福音書 21:28
説  教    「〈わたし〉の口から出る言葉」    :梅田 環

旧約における神の言
イザ55:1~11、ロマ15:4~13、ルカ4:14~21、詩19:8~11。

そのように、わたしの口から出るわたしの言葉も虚しくは、わたしのもとに戻らない。
イザヤ書 55:11a

 捕囚の身から解放されたイスラエルの人々は、ユダの地に帰還することが許されました。しかし、人によっては、50年も離れていたユダの土地は、もはや、故郷とは言いがたく、バビロニアで生まれ育った世代にとっては、まさしく見知らぬ土地でしかありません。民の中には、荒れ果てた見知らぬ土地に赴いて生活を再建するよりも、バビロニアで暮らす方が良いと考える人もいました。預言者は、そんな人々に向かって、ユダに戻って、神の言葉を基本に据えた関係に生きる社会を作ろう、と呼びかけなければなりませんでした。

2018.12.10(日)の礼拝の週報

49│2018年12月02日 降誕前4 主の来臨の希望

週    句

見よ、あなたの王が来る。彼は神に従い、勝利を与えられた者。
ゼカリヤ書 9:9
説  教  「〈主は我らの救い〉と呼ばれる」    :梅田 環

主の来臨の希望
エレ33:14~16、ヤコ5:1~11、ルカ21:25~36、詩25:1~14。

『主は我らの救い』と呼ばれるであろう。
エレミヤ書 33:16

 民を正しく導こうとしない指導者によって、混乱し、苦難を味わう人々に対して、神は「若枝」を与えると約束し、その王は「主は我らの救い」と呼ばれる、と言われます(23章)。苦しみの中に導き手を求める人々に対して、正義の王が与えられる、その約束は不正がはびこる世界の一筋の光りです。ところが、エレミヤの預言の中では、この約束が実現する様子は描かれません。この言葉を語ったあと、エレミヤはバビロニアによる占領と捕囚を預言します。不吉なことばかりを口にするエレミヤに、王は腹を立て、牢につないでしまいます。
 指導者は全うな政治を行うことをせず、正しい道に立ち帰らない。その結果、国民が戦争被害を免れ得ないことが明らかになるときに、33章で、もう一度同じ預言が繰り返されます。神が「正義の若枝を生え出させる」、とエレミヤがあらためて預言するとき、その若枝は、「王」とは呼ばれません。現実の政治指導者は決して「公平」や「正義」という、人々が心から待ち望んでいるものをもたらすことは、ない(!)。それが、もはや、エレミヤにとって避けようのない明白な事実となっていたからです。
 こうして、かつて、「王」に結びつけられていた「主は我らの救い」という名前は、ここでは、個人ではなく、エルサレムという街に結びつけられます。政治指導者への不信の中、「主は我らの救い」という名は、人ではなく、街、小さなもの・個別的なものではなく、より普遍的なものに結びつけられています。
 「主は我らの救い」と呼ばれるべきは、地上の指導者でもなければ、暴力の進行している街でもないことを心に刻もう!アドベントの今

2018.12.01(日)の礼拝の週報

48│2018年11月25日 降誕前5 王の職務

週    句

腰に、帯を締め、ともし火をともしていなさい。
ルカによる福音書 12:35
説  教    「三十歳で王となり……」 :梅田 環

王の職務
サム下5:1~5、Ⅰコリ15:20~28、ルカ23:35~43、詩18:47~51。

ダビデは三十歳で王となり、四十年間王位にあった。七年六か月の間ヘブロンでユダを、三十三年の間エルサレムで……。
サムエル記下 5:4〜5

 イスラエルの王となったダビデは、統一王国を築き、人々に豊かさと繁栄をもたらしました。圧倒的な強さを示す王に、人々は誇りを持ちました。その後、多くの苦難を経験した古代イスラエル人は、ダビデの末裔からダビデのような王が誕生するのを待ち望みました。
 ところが、待ち望んでいた王であり救い主であるイエス・キリストは、王位に就くどころか、貧しいまま。貴族たちと交流するのではなく、罪人、病人、こども、社会の周縁に置かれた人々と寝食を共にし、神の恵みを分ち合いました。最終的には捕らえられ、十字架で死に、罪状書きには、「ユダヤ人の王」と記されます。
 そのユダヤ人の王が十字架上で語ったのは、罪人に向けた「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」という言葉でした。死を迎える恐怖の時、人々が見捨てる時でさえ、「あなたを見捨てない。あなたと共にいる」と、約束してくださっている。そう、すべての人が神の救いに与るとの約束を、最後の最後まで語り続けたのです。
 イエスの姿は、ダビデとは正反対。ダビデは武力で強さを誇り、人々を癒す竪琴を奏でることができ、人々から愛され、権力も与えられた。しかし、全てを持ち合わせているかのように思える偉大な王といえども、完璧な人間ではなく、欲望に支配されて権力を乱用する場面も多々あった。そのような王のもとでは、真の意味でわたしたちが解放されることはあり得ません。わたしたちは、どのような王を心の内に迎えるのか。他者を打ち倒し、自分の富を増やそうとする王か。欲望のためには、他者の犠牲も厭わない王か。

2018.11.28(日)の礼拝の週報

47│2018年11月18日 降誕前6 救いの約束/モーセ

週    句

わたしたちは、皆、キリストの裁きの座の前に、立たなければなりません。
コリントの信徒への手紙 二 5:10
説  教  「モーセ・引き上げられた者」:梅田 環

救いの約束/モーセ
出3:1~15、ヘブ8:1~13、ルカ20:27~40、詩77:2~21。

今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす。わが民イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ。
出エジプト記 3:10

 イスラエルの民を奴隷の地から導き出す使命への招きを受けた時、モーセはすでに「ファラオの娘の子」という特権的な肩書きを失っていました。王家の一員であるなら、この使命遂行のために、何かできることがあったかもしれません。しかし、今、彼が背負っている肩書きは「罪人」。殺人を犯し、ファラオの怒りを買ったゆえに、何もかも捨てて、逃亡するより他なかった。
 モーセは、どこにも居場所を見出せない寄留者として孤独な日々を送っていた。だれからも仲間として受け入れてもらえない。これは、逃亡前から、彼を苦しめていた問題。イスラエル人でありながら、エジプトの地で生きなければならなかったモーセ。虐待を受けていたイスラエル人を助けるためとはいえ、罪を犯し、国を追われたモーセに故郷と呼べるものはなく、拠り所も、基盤もないのだ。彼が、今、立っている「荒れ野」、そして、彼が見ている「柴」はその象徴だろう。
 その荒れ野で、神の声が響き、柴に神がご自身を現した。彼の孤独、欠乏、虚無、苦悩に神がおられ、そこで、モーセに呼びかけておられるのだ。逃れられない現実のただ中で、神の声は響く。モーセの名は「引き上げる」という意味。神は、人生のどん底からモーセを引き上げ、召し出した。
 神の招きは、個人的な事柄に留まるのではなく、モーセがイスラエルの人々の仲間となり、共同体として共に生きる道に導く。そして、「この山で神に仕える」という言葉によって、モーセに居場所、故郷を与えたのではないだろうか。

2018.11.18(日)の礼拝の週報

46│2018年11月11日 降誕前7 神の民の選び/アブラハム

週    句

今や、恵みの時、今こそ、救いの日。
コリントの信徒への手紙 二 6:2
説  教    「なぜサラは嗤ったのか」:梅田 環

神の民の選び/アブラハム
創18:1~15、ロマ9:1~9、ルカ3:1~14、詩105:1~11。

主はアブラハムに言われた。「なぜサラは笑ったのか。なぜ、年をとった自分に子供が生まれるはずがないと思ったのだ。
創世記 18:13

 アブラハムの子どもを産むことは妻サラの悲願でした。女性は子どもを産まなければならない、というプレッシャーは大きい。サラを責める声も大きかった。女奴隷ハガルによって子どもを与えられるよう、夫に願ったのも、屈辱的だった。
 「子どもがいない」ことによって、彼女は世間から見下されていると感じ、尊厳は傷つく。「子どもが生まれる」という言葉に、サラは、自分は年をとっているから不可能だと感じた。「年をとっている」とは、「古い着物がすり切れた」という意味もある。彼女は、「わたしはボロボロで、何の役にも立たない存在なのだ」と言っているのだ。主の言葉は、自尊心を失った彼女にとっては、祝福でも、喜びでもなく、残酷な言葉でした。アブラハムも、また、わたしたちも、そのように感じる。しかし、神は、わたしたちに、「なぜ、年をとったサラに、子どもが生まれるはずがない、と思ったのだ」と尋ねます。言い換えると「役立たず(だと、決めつけているところ)に神の祝福などあるはずがない、と思うのか」と、問われているのではないでしょうか。
 わたしたちは、様々な情報や経験、統計から結論を出します。高齢だから、若いから、男性だから、女性だから、病気だから、ハンデがあるから、と。様々な「〜だから」という大きな声が蔓延しています。この声によってサラの人生は暗くされていた。傷ついたサラは、自分自身を否定し、自尊感情を失うことで、痛みを感じないよう、対処していたのでしょう。
 神は、そのような声に、「なぜ、あなたが決めつけるのか」と問う。

2018.11.11(日)の礼拝の週報

45│2018年11月04日 降誕前8 保存の契約/ノア

週    句

王の王、主の主、唯一の不死の存在である神に、誉れと永遠の支配がありますように。
テモテへの手紙 一 6:15、16
説  教    「雲の中に虹を置く」   :梅田 環

保存の契約/ノア
創9:8~17、ロマ5:12~21、ルカ11:33~41、詩1:1~6。

すなわち、わたしは雲の中にわたしの虹を置く。これはわたしと大地の間に立てた契約のしるしとなる。
創世記 9:13

 神は、ご自分の創造世界に悪がはびこる様子を見て、後悔し、一掃することを決意し、実行されました。わたしたちも、争いや、利権の奪い合いが蔓延する世の中で、いのちを守ることが軽視されていると感じる時、おかれた環境に裏切られたり、傷つけられたりする時、自分自身に落胆したり、絶望したりする時、いっそ全てを無に帰そう、と考える。〈わたしなどいなくなってもいい、周りのものもすべてなくなればいい〉、そのような思いに駆られることがあります。自分自身に対しても、他者に対しても、破滅的な衝動に駆られるのです。
 しかし、神は、洪水とその後の契約において、破滅的な行動からは何も生まれないことを教えているのです。そして、わたしたちの体と心を、契約の虹に方向転換するよう促しているのです。
 虹は弓を表します。弓を置くということは、戦いの道具、いのちを奪う道具を手放し、神と人とが和解して、共に、平和の道を歩む、という神の決意を意味しています。神は、わたしたちに、何の条件もなしに、この世界を、そして、わたしたちを、守り続けることを約束されました。神は、わたしたちの人生のパートナーとして、わたしたちが喜びにある時も、病や貧しさに苦るしも時も、見捨てず、共に歩んでくださるのです。
 この契約にわたしたちが留まる時、わたしたちも、戦いの道具を置き、いのちを奪うために、この身を用いることをやめなければなりません。神と、自分自身と、隣人と、向き合い、和解し、互いに尊重し合って、平和を実現するために働く神の業に参加しましょう!

2018.11.03(日)の礼拝の週報

44│2018年10月28日 降誕前9 創造

週    句

初めに神は天と地を創造された。
創世記 1:1
赦しはあなたのもとにあり、人々はあなたを畏れ敬うのです。
詩編 130:4
説  教    「男らしく、腰に帯をせよ」:梅田 

創   造
ヨブ38:1~18、黙14:8~17、ルカ12:13~31、詩148:1~6。

主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった。/これは何者か。/知識もないのに、ことばを重ね…男らしく、腰に帯をせよ。
ヨブ記 38:1〜3

 「正しい人」と呼ばれたヨブは、そう呼ばれるにふさわしいと思われる人生を歩んでいました。家族、財産、信仰、あらゆる面で、満たされており、理想的な生き方をしていました。正しいから、ご褒美として、それらのものが与えられた、もしくは、その満たされた豊かなヨブを見て、「正しい」という評価を下しているともいえます。そのヨブが、子どもを亡くし、重い病に悩まされることとなる。
 苦しむヨブは、「なぜ」、と神に問います。この「なぜ」に対する答えを見いだせないヨブを、友人たちは慰めようとし、ヨブの疑問への答えを、自分たちの知識や経験から導き出そうとします。そして、苦しみがヨブを撃ったのは、ヨブが「罪をおかしている」からに、違いない、と結論づけ、自分自身が罪人であることを認めるよう、ヨブに迫ります。しかし、ヨブは納得しないのです。
 わたしたちも、このヨブの友人たちのような理解で、友人に接してはいないでしょうか。わたしたちの生の基盤を揺るがす苦しみの質で、わたしたちの人生、いのちを評価している、もしくはされている。苦しみの出来事、その一点において、わたしたちの全てが呪われたもののように捉えられ、いわれのない罪を背負わされ反省させられていることがないでしょうか。このような力に抵抗するヨブの姿は不信仰者ではない。神は、そのような勢力に対して否を突きつけている。わたしたちも、このような力に抵抗していいのです。
 神は、苦しむわたしたちの「なぜ」に答えない。ただ、創造の業に目を向けよと言われます。「男らしく、腰に帯をせよ」!

2018.10.30(日)の礼拝の週報

43│2018年10月21日 聖霊降臨23 天国に市民権を持つ者

週    句

悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい。
ローマの信徒への手紙 12:21
説  教    「数えきれないほどの大群衆が……」  :梅田 環

天国に市民権を持つ者
イザ25:1~9、黙7:2~4,9~12、マタ5:1~12、詩146:1~10。

……数えきれないほどの大群衆が、白い衣を身につけ、手にナツメヤシの枝を持ち、玉座の前と小羊の前に立って……
ヨハネの黙示録 7:9

 黙示録は恐怖の書ではない。むしろ、神の救いに目を向けさせようとする慰めの書。破滅へと突き進んでいるかのように思える世界に目を向けたとき、人はそれを神の所為(せい)にします。しかし、それらは人間の心の闇が造り出したものではないでしょうか。苦しみに身も心も焼き尽くされ、絶望し、自分自身や他者に対して暴力的になってしまう破滅的な心こそが、貪り、不正、略奪、破壊へとわたしたちの行動を突き動かします。だからこそ、わたしたちは、わたしたちの心の中を変えなければならないのではないでしょうか。
 目を上げ、天を仰ぎ、神に救いを求めるのです。神はわたしたちの目から涙をことごとく拭うとの約束を与えてくださっています。傷だらけ、血だらけ、泥だらけになったわたしたちを、引き寄せ、洗い清め、新しい衣をまとわせてくださいます。神は、厳しくわたしたちを裁く恐怖の神ではなく、わたしたちと共に歩んでくださる神なのです。その神に目を向けるとき、自己を否定する力に支配されていた心に、愛と希望の光が差し込む。その光に気づいたとき、破滅しかないと思われる状況に、新たな一歩を踏み出す力が与えられます。
 黙示とは、覆いを取って、隠されていた事柄を明らかにするという意味があります。覆いが取られたところには、全ての民が神に招かれ、救われ、いのちと祝福で満たされると言う善き知らせに満ちあふれている。そして、イエス・キリストを通して示された神の国がある。
 全ての人が神の子とされていることを確信し、その福音を宣明しよう。今日は、聖霊降臨節「教会の時」として過ごす最後の主の日。

2018.10.21(日)の礼拝の週報