05│2020年01月26日 降誕5 宣教の開始

週    句

人々は、東から西から、また南から北から来て、神の国で宴会の席に着く。
ルカによる福音書 13:29
説  教  「〈その〉ガリラヤのカナで」 :梅田 環

宣教の開始
出33:12~23、Ⅰヨハ1:1~4、ヨハ2:1~11、詩19:2~7。

イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。
ヨハネによる福音書 2:11

 「ガリラヤのカナで」、この言葉が冒頭と最後に位置づけられている聖書箇所です。カナ出身とされるナタナエルは、「ナザレから何かよいものが出るだろうか」と、述べました(ヨハ1:46)。カナというところも比較的小さな集落であったそうです。
 このカナで、イエスが最初の奇跡を起こしたと、ヨハネ福音書は伝えます。「〈その〉ガリラヤの」と注釈をつけなければならないところです。そこにも、人々の暮らしがあり、生き生きとしたいのちの現場があるのです。イエスはそこにご自身の姿を現され、神の独り子としての最初の奇跡を起こされ、栄光を顕わされたのです。
 古代オリエントの婚礼の場は、通常、約一週間続けられたそうです。その最中、ぶどう酒が切れるということは喜びが表現されるために欠かせないものが失われたということであり、喜びの時が途切れることを意味します。また、当時、生活に身近なものであったぶどう酒は、人々の日ごとの糧であり、食卓そのものでもあります。生命が保たれ繋がれて行き、生命が共に生きる中で喜びを分ち合っていくその現場に、イエスが伴っておられ、そのところにおいて、奇跡が行われました。そのイエスの姿を、その時その時、その場所その場所で生きるひとりひとりの存在に目を留められ、そのひとつひとつの生命を愛されたことの証しとして見つめることができるのではないでしょうか。
 しかし、イエスは言います。「わたしの時はまだ来ていません。」人間に対する愛、限りないその愛が示されるその頂点は、十字架の出来事にほかなりません。