42│2019年10月13日 聖霊19 金持ちと貧者

週    句

世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。
ヨハネの手紙 一 5:4
説  教   「御国を受け継ぐ者」:梅田 環

金持ちと貧者
アモ6:1~7、ヤコ2:1~9、ルカ16:19~31、詩73:21~28。

神は、世の貧しい人たちを敢えて選んで信仰に富ませ、ご自身を愛する者に約束された国を、受け継ぐ者となさった。

ヤコブの手紙 2:6

 こう、手紙の著者は述べます。それは、人間の目による豊かさと、神の前における豊かさの違いを明確に示すためです。教会は、どのような時でも、神の前における豊かさに生きることを追求しなければなりません。
 教会の中に人間的な序列を持ち込もうとする心情に対して、この手紙の著者は徹底的に抵抗します。たとえそれが世の中でしばしば見受けられる行為だとしても、著者はそれに抵抗します。なぜなら、それは、「栄光に満ちた、わたしたちの主イエス・キリストを信じる」こととは両立しないからです。
 イエス・キリストの栄光は、彼が傷を受け、血を流し、十字架で命を奪われることによって、現されました。イエスが、そのようにして、最も貧しい者と共に生き、死ぬことによって、全ての人間は、神の前に生きていてもよいものとされました。そのように教会は教えているのに、その教会に置いて、もし、人間が人間を格付けしたり、えり好みしたりするとしたら、それは、イエスによって死からいのちへと取り戻された者の集まりではなくなってしまうでしょう。
 社会の貧困率が上がってきているそうですが、それは、教会が手を伸ばし、教会に迎え入れられる人々がますます増えて来ているということです。経済的な困難に直面する時こそ、教会が主イエス・キリストの栄光に生きる時です。その、根本的な事実を、わたしたちは、心に刻んでおきたいと思います。