32│2019年08月04日 聖霊9 女性の働き

週    句

あなたがたはもはや、外国人でも寄留者でもなく、聖なる民に属する者、神の家族である。
エフェソの信徒への手紙 2:19
説  教  「主によってしっかりと」  :梅田 環

女性の働き
ヨシュ2:1~14、フィリ4:1~3、ルカ8:1~3、詩97:7~12。

……わたしの喜びであり、冠である愛する人たち、このように主によってしっかりと立ちなさい。
フィリピの信徒への手紙 4:1b

 男性と同様に女性にも集団の中での役割が与えられることは、古代のヘレニズム世界では、珍しいことです。それが実現したのは、キリスト教会が「信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子」である者の集まりであり、「そこでは、もはや、ユダヤ人もギリシャ人もなく、奴隷も自由人もなく、男も女もありません」(ガラ3:28)と、パウロ自身が言うように、その集いに招かれる者の存在の意味は、イエス・キリストとの関係においてのみ、与えられるからです。それゆえ、身分やその他の属性を超えて、教会に招かれる者には、それぞれ固有の役割が与えられました。
 フィリピの教会の女性指導者たち、エボデアとシンティケの間の不一致について、パウロは手紙で「主において同じ思いを抱きなさい」と勧め、よって立つところは「主」のみなのだということを、改めて確認させます。教会の人々に対しても、この教会の働き人たちを支えるように、彼らは「命の書」に名を記されている者の同労者なのだから、と言います。「命の書」に名を記されるとは、人がその生の道筋において、神のものとして神に憶えられているということを意味します。
 人間が、まして、社会の中で、存在の意味が極めて限定的であった「女性」が、その命の歩みを神によって知られているということは革新的な恵みです。同じ恵みをわたしたちも受け取っています。
 主おいて一致し、その命を神のものとして全うする、それが、女性においても男性においても、いずれの性に属さないものにとっても、存在の意味であることを、わたしたちは証ししよう。