29│2019年07月14日 聖霊6 全ての人に対する教会の働き

週    句

互いに重荷を担いなさい。そのようにしてこそ、キリストの律法を全うすることになるのです。
ガラテアの信徒への手紙 6:2
説  教    「神が清めた物」      :梅田 環

全ての人に対する教会の働き
ルツ1:1~18、使11:4~18、ルカ17:11~19、詩22:25~32。

「神が清めた物を、清くないなどと、あなたは言ってはならない。」
使徒言行録 11:9

 ペトロは、幻を見て、コルネリウスのもとへ向かい、彼にバプテスマを授けます。ところが、のちに、このことがエルサレム教会で、「割礼を受けている者たち」、つまり、ユダヤ人キリスト者から、問題にされます。それで、この出来事の当事者であるペトロは、弁明をしなくてはならなくなりました。
 ペトロが見た幻は、律法において汚れたものと定められていた食べ物を、食べるように、と勧められるものでした。それは、ある文化・風習において育てられた者にとっては、大きなタブーへの挑戦です。しかし、それは、どれほど主観的には乗り越えることが難しい・抵抗感を持つような行為であったとしても、「ある文化・風習におけるタブー」にすぎず、他の文化の枠組みにおいては存在すらしないものです。
 ペトロは、それを乗り越えることを、求められます。ペトロ自身の経験したことによれば、それを乗り越えさせるのが、「霊」の力です。「ためらわないで……行きなさい」と勧め、また、行った先で、ペトロが出会う人々に働きかけるのは「霊」です。ペトロは自分が見た幻について語り、タブーを乗り越えることを、共に経験できるように、仲間に語りました。
 自分たちの上に降ったのと同じ霊が「彼らの上にも降ったのです」と、自分たちの共同体がスタートした場所に仲間のキリスト者たちを立たせるペトロは、自分が証人となった「異邦人」が中心となる教会の成立を伝えます。こうして、ペトロへの神の言葉はユダヤ人キリスト者にも共有されたのでした。