25│2019年06月16日 聖霊2 教会の使信

週    句

聖なる、聖なる、聖なる万軍の主。主の栄光は、地をすべて覆う。
イザヤ書 6:3
説  教   「神の栄光を現す」 :佐野静樹

教会の使信
出19:3~8a,16~20、使2:22~36、ルカ10:17~24、詩8:2~10。

あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、またメシアとなさったのです。
使徒言行録 2:36b

 聖霊を受けた弟子たちが一斉に語り出したあと、ペトロは「ナザレの人イエスこそ、神から遣わされた方です」と証しします。ペトロは、イスラエルの人たちによって、十字架にかけられて殺されたイエスが神によって復活させられた、と語りかけます。そして、詩編から「あなたの聖なる者を朽ち果てるままにはしておかれない」と引用し、ダビデによるイエス復活の預言としています。
 この証しの中で、ペトロは聞き手であるイスラエルの人々の過ちを大目に見ることはしません。「ナザレの人イエス」はイスラエルの人々の間で「奇跡と、不思議な業と、しるしとによって」神から遣わされた者であることを証ししていたのに、人々はそれを理解せずに「律法を知らない者たちの手を借りて、十字架につけて殺してしまった」と。
 けれども、この一連の出来事はペトロの語るところによれば、すべて神の主導する出来事です。神が、人々にイエスを引渡し、イエスを死の苦しみから解放し、復活させた、というのです。神は、イスラエルの人々の過ちから、復活という死の克服をもたらす。それが、ペトロの語りの中心になります。だからこそ、人は自分の過ちを正面から見据えることができます。
 この説教を通して、イスラエルの人々はペンテコステを眺めている立場から、当事者になることに招かれます。「あなたがたが十字架につけて殺したイエスを神は主とし、またメシアとなさったのです」と結ばれるメッセージはわたしたちをイエス・キリストの十字架と復活の出来事をどう受けとめ、生きるのか、との問いへと招きます。