13│2019年03月24日 復活前4 受難の予告

週    句

鋤に手をかけてから、後ろを顧みる者は、神の国にふさわしくない。
ルカによる福音書 9:62
説  教   「自分を捨て、自分の十字架を背負って」 :梅田 環

受難の予告
イザ63:7~14、Ⅱテモ2:8~13、ルカ9:18~27、詩107:1~16。

それから、イエスは皆に言われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。
ルカによる福音書 9:23

 イエスは重ねて、今度は弟子たちに向かって、同じ問いを投げかけます。そして、筆頭弟子のペトロは答えます。イエスこそメシアである、と。イエスがメシアであると信じる人たちに対して、イエスは使徒復活を予告し、さらには、そのイエスに従うことを願う者がどのように生きればよいか、を語ります。それは、「自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って」イエスに従うことであり、その結果、「わたしのために命を失う者は、それを救う」ことが約束されます。
 イエスは、人が期待したような形では、働かないし、現れません。また、圧倒的な力で、自分たちの脅威となる力を排除するようなこともありません。イエスが示すのは、人々の間に入り、癒し、飢えを満たすという、その場所で、人間が生きることに密着した行為でした。
 イエスがメシアであることを明らかにするのは、十字架と復活の出来事です。イエスは、不確かな人間の歩みを神の前に正しいものとすることのために十字架で命を捨て、過ちの中に、人間を置き去りにするようなことはなさいませんでした。十字架と復活の出来事によって、人間は、あやふやで、不確かな、自分自身を信じることも難しいような日々の、いのちの歩みを続けることができるのです。
 イエスをメシア〈キリスト〉と信じることは「捨てること」だと聖書は教えます。自分にしがみつくのではなく、自分の思いや、自分中心の命のあり方に固執するのでもなく、それを捨てること、日々、捨て続けることだと、福音書は教えます。