10│2019年03月03日 降誕10 奇跡を行うキリスト

週    句

今、わたしたちは、エルサレムへ上って行く。人の子について預言者が書いたことはみな実現する。
ルカによる福音書 18:31
説  教    「あなたがたが食べ物を与えなさい」  :梅田 環

奇跡を行うキリスト
イザ41:8~16、使28:1~6、ルカ9:10~17、詩46:2~12。

「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい。」
ルカによる福音書 9:13a

 多くの人々の大きな窮乏に直面するとき、それを満たすことは、自分の力では到底不可能だ、と思われることがあります。そのとき、わたしたちは、神の国について、聞いたり、語ったりすることと、現実の窮乏を満たすこととを、簡単に切り離してしまいます。そして、現実の困難から気をそらせるために、「神の国を仰ぎ見る」ことを伝えたり、または、現実の窮乏を「この世的なこと」として神(信仰)の介入することではない、と語ったり……。
 イエスの周りに多くの人が集まり、神の国の話を聞き、病を癒されていた時のことです。時間がたち、弟子たちは、イエスに、人々を解散させるように求めます。食事をとり、体を休ませるといった身体的な必要を満たすことは、イエスの、そして、弟子たちの管轄外のことだと思ったからです。
 しかし、イエスにとってはそうではありません。「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」と、イエスは弟子たちに命じます。神の国について語ることは、求める人の身体的な必要を満たすことと結びついていること、そこに責任をもってかかわらなければならないことを、イエスは弟子たちに伝えます。そして、イエスが祈り、祝福して分けたわずかな食べ物は、多くの人の空腹を満たします。
 この物語に聴く者は、自分の力が小さいことや僅かしか持たないことを、諦めの理由にしてはなりません。神の国について語るイエスは、食べさせ、しかも、満腹させます。イエスの示した行為によって、神の国の姿は信じる者にしるしとして与えられています。多くの人の、多くの窮乏を満たすために小さな自分であっても、担う者でありたい。