09│2019年02月24日 降誕9 いやすキリスト

週    句

今日、あなたたちが、神の声をきくなら。心を、かたくなにしてはならない。
ヘブライ人への手紙 3:15
説  教  「今日、驚くべきことを見た」:梅田 環

いやすキリスト
ヨブ2:1~10、使3:1~10、ルカ5:12~26、詩103:1~13。

人々は皆大変驚き、神を賛美し始めた。そして、恐れに打たれて、「今日、驚くべきことを見た」と言った。
ルカによる福音書 5:26

 「主よ」とイエスに呼びかけて、思い皮膚病をいやされる人は、「誰にも話してはいけない」とイエスに命じられます。そして、従来からの皮膚病からの回復の手続きとして、「行って、祭司に体を見せ、モーセが定めたとおりに清めの捧げ物をし、人々に証明するように」と言われますが、この人がその規定を守るより先に、イエスの評判が広まっていきます。
 体が動かせなくて、床に就いていた人は、イエスによって罪の赦しと癒しを共に宣言されます。そこに居合わせた宗教家にとっては、本来、宗教家が管轄すべき赦しをイエスが宣言することなどあってはならないことでした。けれども、イエスに赦しと癒しを宣言されたこの人は、その場で立ち上がり、神を讃美しながら家に帰っていきます。それは、この人にとって、新しい信仰の始まりでした。そして、その様子を見ていた人たちは、皆、大変驚き、神を讃美し始めました。この人たちにとっては、「今日」ここで起こっていることが、神が新たに人間に対して示そうとしている救いの出来事の始まりとなったのです。
 イエスの癒しは、今までの社会が決めて来た枠を超えて、人々に神の力を示しました。そして、その力に触れて、人々は、今まで自分の理解してきたものとは異なる仕方で、神に出会い直すことになります。
 新たに神と出会い、神を讃美することができるようになった人々は、そこから始まる人生の新しいステージで経験する様々な出来事において、神を見失うことは二度とないでしょう。神が新たに人に触れて来ることをこの人たちは経験したからです。