03│2019年01月13日 降誕3 最初の弟子たち

週    句

神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。
ローマの信徒への手紙 8:14
説  教   「わたしは罪深い者」:梅田 環

最初の弟子たち
出18:13~27、使16:11~15、ルカ5:1~11、詩101:1~8。

シモン・ペトロは……「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と言った。
ルカによる福音書 3:22b

 「網を降ろし、漁をしなさい」と、イエスは命じます。その言葉を聞いた漁師たちは反論しました。おそらく、この状況では、魚が捕れることはないだろう、「しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」とイエスの言葉に従ってみると、漁師たちは思いもかけない大漁に恵まれます。
 漁師シモンは、想像することのできなかった大漁を目にして、イエスが共にあることのゆえか、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と告白します。言葉に従って、網を降ろしてみたのは、シモンであるのに、自分は「罪深い」と。それは、しゅうとめのいやしや、霊に取り憑かれた人のいやしなどが既に与えられているにもかかわらず、なお、イエスがどのような方であるかの本質を理解していなかった、自分の姿についての言葉であるのです。
 イエスは、シモンが諦めたところに声をかけ、シモンが理解しないことについて勧めます。そして、イエスはシモンが信じないところに招きます。
 イエスにとって、シモンの側の準備や理解や経験などは、問題になりません。イエスが招くとき、招かれた者に求められていることは、ただ、「降ろしてみましょう」という、確信がないながらも、何かの可能性に開かれることだけです。自分の確信や可能性がないところに、まだ何かの可能性があるかもしれないことに開かれることだけです。そこにある可能性とは、神の力が働く可能性です。そこへ向けて開かれることへと、イエスは招きます。