42│2018年10月14日 聖霊降臨22 信仰による生涯

週    句

主がお前に求めておられるのは、正義を行い、慈しみを愛し、神と共に歩むことである。
ミカ 6:8
説  教    「その美しさを見……」  :梅田 環

信仰による生涯
出2:11~22、ヘブ11:23~28、マル14:66~72、詩26:1~12。

……モーセは生まれてから三か月間、両親によって隠されました。その美しさを見、王の命令を恐れなかったからです。
ヘブライ人への手紙 11:23

 ヘブライ人の子は全て殺せとの命令に背いて両親はモーセを生かした。ファラオの命令に背くことは死に値する。両親がその脅しに屈しなかったのは、モーセに「美しさ」を見たからです。「美しさ」とは、単に容姿が整っていることをいうのではありません。両親は、幼子を通して、まさに、いのちを創造された神を見たのです。
 実際、生まれたばかりの幼子を前にすると、神の存在・恵みを感じずにはいられません。何も持たず、何もできない幼子が、実は、わたしたちが心から欲している宝を抱いていることを知ることができます。しかし、成長するにつれ、その宝を見失ってしまいがちです。
 イエスは、墓場を住まいとする悪霊に取り憑かれた人に出会う。叫び、自傷行為繰り返すため、だれの手にも負えなかった。家族や実家があったようだが、帰ることも許されず何度も鎖で手足をしばられていた。周囲の人から疎まれていたその人とイエスは出会い悪霊を追い出す。イエスがそのようにされたのは、その人の内に隠された神の美しさを見ていたからではないでしょうか。わたしたちは、相手の置かれた状況や、相手に関する様々な情報でレッテルを貼る。そして、その人が生まれながらに持っている宝を覆い隠す。隣人の内に、また、自分自身の内にある宝を見失ったとき、隣人のいのちを、また、自分自身のいのちを傷つける行為に走ってしまうのかもしれません。
 イエスは、その覆い隠された宝を見、わたしたちに神の美しさが秘められていることを明らかにされたのです。わたしたちも、イエスに倣って、全てのいのちの内にある神の美しさに目を留めたい