40│2018年09月30日 聖霊降臨20 執り成し

週    句

神を愛する人は、兄弟をも愛すべきです。これが、神から受けた掟です。
ヨハネの手紙 一 4:21
説  教    「見倣う者となって欲しい」:梅田 環

執り成し
出32:7~14、ヘブ6:4~12、マル14:43~52、詩106:6~23。

あなたがたが……信仰と忍耐とによって、約束されたものを受け継ぐ人たちを見倣う者となって欲しいのです。
ヘブライ人への手紙 6:12

 不安に陥ると、わたしたちは手っ取り早く入手できそうな安心や依存先を求めます。しかし、聖書は、自分自身で救いを造り出すことや、不正を行う者への追従を許しません。それらは、わたしたちを生かすのではなく、滅ぼすことになるからです。いのちを与えた神は、わたしたちが生き生きと幸せを生きることを望まれる。しかし、安易な安心の裏には、過剰な負担が隠されているものです。わたしたちの力、時間、そして、自立心さえも奪い、それなしでは生きていけないようにしてしまいます。
 山口県岩国市には極東最大の軍事基地があり、戦闘機の爆音が昼も夜もひっきりなしに響く。基地を置く代わりに、商工観光の振起、騒音地域への住宅整備、子育て支援、など、「地域活性化への財源」と称して、交付金が与えられている。だから、文句を言うな、という内外からの無言の圧力を感じさせる。為政者は、これがなければ、市は衰退するという。この脅しによって、市民(わたしたち)は、知らず知らずの内に、依存させられ、自立心と力を奪われていく。
 この現実に生きているわたしたちを、成熟した人となり、社会に対応できるだけの信仰を養うように、と聖書は励ましてくれる。圧倒的な力がわたしたちを黙らせようとしても、しっかりとみ言葉に立ち、神による希望を語り続けなければなりません。
 エジプトから民を導き出し、生きる道を示された神、罪を赦し、愛を実現する生き方へと導かれた主イエスにこそ希望はあります。この根底的な希望にわたしたちは立ち続けます