32│2018年08月05日 聖霊降臨12 家   族

週    句

いかに幸いなことか、主を神とする国、主が嗣業として選ばれた民は。
詩編 33:12
説  教    「神の国はこのような者たちのもの」  :梅田 環

家   族
イザ54:1~8、エフェ5:21~6:4、マル10:13~16、詩127:1~5。

子どもたち、主に結ばれている者として両親に従いなさい。
エフェソの信徒への手紙 6:1

 エフェソ書には家父長的家族理解が根底的に横たわっている。家族の長は夫であり、父親! 男性が絶対的な権力を持っていた。家族間で主従関係・支配関係があった。現代人には受け入れがたいと思われる反面、未だにこのような価値観に縛られている現実がある。
 マルコ福音書の記事では、人々が子どもたちをイエスの許に連れて来るが、弟子たちはそれを非常識だと叱りつけ、イエスから遠ざけようとする。子どもは両親に従属する者として育てられ、律法教育の対象として位置付けられていた。そのような常識から外れることなく、自分を支配する者が求める「よい子」に従った子どもはどうなるか。
 マルコ10:17以降に登場する人物は、大人の求めるよい子として生きて来たが、どうすれば永遠の命を受け継ぐことができるのか、が分からない。つまり、彼は、周囲の人々からは認められても、神から受け入れられているという安心感が得られていなかったのだろう。
 わたしたちは、様々な役割を背負って生きているが、中には押し付けられた役割もある。その役割を果たすことでしか評価されないとき、不安に襲われ、自分自身を見失ってしまうだろう。そのようなわたしたちに、イエスは「子どものよう」でいることを教える。それは、大人が求めるようなよい子・矯正された子どもではない。強い者にとって都合の良い存在になるのではなく、ありのままの姿を回復することが重要なのだ。イエスは、神の掟を、強い者・権力を持つ者を守るために用いるのでも、弱い者・小さい者が統治者の都合の良いように変わることを求めるのでもない。むしろ、権力を持つ者の意識を変革することへと導かれる。