46│2019年11月10日 降誕前7 神の民の選び/アブラハム

週    句

今や、恵みの時、今こそ、救いの日。
コリントの信徒への手紙 二 6:2
説  教    「父の家を離れて」 :梅田 環

神の民の選び/アブラハム
創12:1~9、ロマ4:13~25、ヨハ8:51~59、詩105:7~15。

主はアブラム(後のアブラハム)に言われた。「あなたは生まれ故郷父の家を離れてわたしの示す地にいきなさい。……
創世記 12:1

 アブラムに与えられる神の言葉は、故郷を離れることでした。その理由として、神が圧倒的に主導する形で、祝福が与えられるとの約束が告げられます。そこでは、「わたしはあなたを大いなる国民にし」わたしはあなたを祝福し」「あなたを呪う者をわたしは呪う」と、「あなた」に対して特別な関わりを持とうとする「わたし」として、神は行動します。それに対する応答として、アブラムは旅立ちます。アブラム個人の心の内面については、いかなる描写もなされていません。
 そして、「わたしが示す地」はカナンであることがやがて伝えられますが、そこには先住民がいたのです。そのような土地を、いまだ存在していない「子孫」に対して約束する。アブラムに対して声をかけ、連れ出した神の計画は、初めから破綻しています。何のために、神は、アブラムに現れ、「大いなる国民にし」「祝福する」というのか、この時点では、明らかにはなりません。全ては、先行き不透明です。
 それなのに、さらに移動を続けるアブラムは、その先で「主の御名を呼んだ」といいます。それは、信ずる可能性、また、手に入れること確実性などが失われる時に、それでもなお、神を礼拝することが、アブラムには与えられたことを示しています。神の選びの幸いはそこにこそあるのです。それは、決して、土地の占有権を主張して殺戮を行うことで得られるものではありません。
 創世記がアブラムを通じて伝える選びの幸いは、神に出会わされ、動かされ先行き不透明なところになお、そこに呼ばわる対象を与えられることです。

2019.11.09(日)の礼拝の週報

45│2019年11月03日 降誕前8 堕   落

週    句

主がお前に求めておられるのは、正義を行い、慈しみを愛し、神と共に歩むことである。
ミカ書 6:8
説  教    「〈あなたは〉どこにいるのか」   :梅田 環

堕   落
創3:1~15、ロマ7:7~13、ヨハ3:13~21、詩51:3~11。

……アダムと女が、主なる神の顔を避けて、園の木の間に隠れると、主なる神はアダムを呼ばれた。「どこにいるのか」
創世記 3:8b〜9

 科学技術の発展は、人間に全能感をもたらし、同時に、身体感覚を奪い取りました。その結果、人間は、自分の体さえも、思う通りにはならない現実に直面し、いっそう大きなギャップに苦しむようになったのではないでしょうか。人間が、自己とどのようにつきあえばいいのか、聖書は、21世紀にも、その手掛かりを与えてくれます。
 神が与えた「見るからに好ましく、食べるによいものをもたらすあらゆる木」の生えていたエデンの地は、地上に造られたものと調和して生きることのできる、人間にとって理想の場所です。その場所で、人間は、より良くなるためになるために、聖書の言葉で言えば、「目が開け、神のように善悪を知るものとなる」ために、「決して食べてはならない」と命じられていた木からその実を取って食べます。それは、人間の挑戦であり、成長であり、自立への試み、ということもできます。より大きく強く賢くなりたい、と。けれども、その当たり前の願望は、時に、人間を大切なものから引き離してしまうことを、この神話は伝えています。
 そもそも、よいものとして造られたはずの人間は、自分という存在に満足することがありません。自己存在についての肯定の欠如は、成長や挑戦の原動力と同時に関係疎外の根本的な原因にもなります。聖書はそれを描きます。人間は「決して食べてはならない」と命じられていた実を取って食べ、神を避けて生きなければならなくなりました。
 そこに神からの呼びかけ。「何処にいるのか」。これは疎外を上書きし、再度、人間との関係を取戻そうとする、神の声です。

2019.11.02(日)の礼拝の週報

44│2019年10月27日 降誕前9 創   造

週    句

初めに神は天と地を創造された。主よ、あなたがいやしてくださるなら、わたしはいやされます。
創世記 1:1、エレミヤ書 17:14
説  教  「こうして光があった」:梅田 環

創   造
創1:1~5,24~31a、コロ1:15~20、ヨハ1:1~14、詩104:19~23

神は言われた。「光あれ。」こうして光があった。
創世記 1:3

 聖書の神は、そもそも、混沌に満ちた世界に、いいえ、混沌のみで構成される世界に対して語りかけられます。そして、世界は、曲がりなりにも、秩序を持って構成されることになりました。その基本的な神の働きかたは、言葉を発することとして伝えられています。
 こうした伝承を自分たちの信仰としてまとめていった人々の歴史的な経験は、自分の望むものではない生活を送ることを余儀なくさせられた人々の敗北と喪失、混乱の経験に遡(さかのぼ)ることができるかもしれません。自分が、本来あるべき姿で生きられたはずの場所から、引き離されること、自分の生きて来た歩みを自ら根本的に否定しなければならないこと、大切にして来たものを失うこと、それら全てを、一時に(!)体験した人々は、先に進むべき道を失ってしまいました。それは、人が見て来たもの、経験して来たものが完全に見失われ、目に見えるものに拘泥することを、完全に、あきらめなければならなくさせる経験でした。
 だからこそ、この人々は、その混沌に光を与え、人間が立つべき大地を言葉によって与える神を伝えました。神は、混乱の中に秩序をもたらす言葉、崩壊の中から再生を促す言葉をもつ者であり、その神によって、人間の存在は、根本的に、良いものとされている! そのように世界と自分を理解したのです。
 こうして、人間の深い絶望に対して、聖書の信仰は神の言葉の力を差し出します。言葉がなければ、世界は混沌のままにとどまり、言葉がなければ、よって立つべき場所もありません。そして、言葉があれば、たとえ先行き不透明なところにも人は立ち、歩むことができます。

2019.10.26(日)の礼拝の週報

43│2019年10月20日 聖霊20 天国に市民権を持つ者

週    句

神を愛する人は、兄弟をも愛すべきです。これが神から受けた掟です。
ヨハネの手紙 一 4:2
説  教  「忍耐強く走り抜こう」:梅田 環

天国に市民権を持つ者
士7:1~23、ヘブ11:32~12:2、10ルカ19:11~17、詩78:1~8

自分に定められている競走を忍耐強く走り抜こうではありませんか。信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめ……
ヘブライ人への手紙 12:1、2

 著者は、信仰とはどのようなものであるかとの定義を目指しているのではありません。そうではなく、人のいのちの歩みにおいて現されているものに向かって生きることへと招いているのであり、言わば、信じて生きることのモデルを提示しているのです。
 ある女性は、愛する息子を失い、嘆き悲しんでいるところで、預言者と出会い大きな慰めを与えられました。また、アッシリア帝国やバビロニア帝国の支配を経験した時代の預言者には、石打ちの刑で死亡したと伝説で伝えられる者や、のこぎり引きの刑に処せられたという伝承の残る、信仰に殉じた人々もいました。
 こうした人たちは、「信仰のゆえに神に認められながらも、約束されたものを手に入れませんでした」と、聖書は伝えています。聖書が招く「信仰」は、ある希望を持ちながら、なおその事柄の最終的な解決、明示、開示を経験しないままに、生き、そして、死んでいくことを指すことになるでしょう。個別の生の経験においては結末のつけられないものといえるかもしれません。
 けれども、キリスト教は、イエスをキリストと告白することで、個々人の経験が到達できないところに、神の救いは実現したと信じ、告白しました。たとえ、個別の生がそれを経験できないとしても、完成は必ずもたらされるという神の約束を確信したのです。それゆえ、聖書は「信仰によって」認められつつも、その完成の途上に死んでいった人たちのリストに続けて、「信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら」生きることを勧めます。
 著者は、信仰とはどのようなものであるかとの定義を目指しているのではありません。そうではなく、人のいのちの歩みにおいて現されているものに向かって生きることへと招いているのであり、言わば、信じて生きることのモデルを提示しているのです。
 ある女性は、愛する息子を失い、嘆き悲しんでいるところで、預言者と出会い大きな慰めを与えられました。また、アッシリア帝国やバビロニア帝国の支配を経験した時代の預言者には、石打ちの刑で死亡したと伝説で伝えられる者や、のこぎり引きの刑に処せられたという伝承の残る、信仰に殉じた人々もいました。
 こうした人たちは、「信仰のゆえに神に認められながらも、約束されたものを手に入れませんでした」と、聖書は伝えています。聖書が招く「信仰」は、ある希望を持ちながら、なおその事柄の最終的な解決、明示、開示を経験しないままに、生き、そして、死んでいくことを指すことになるでしょう。個別の生の経験においては結末のつけられないものといえるかもしれません。
 けれども、キリスト教は、イエスをキリストと告白することで、個々人の経験が到達できないところに、神の救いは実現したと信じ、告白しました。たとえ、個別の生がそれを経験できないとしても、完成は必ずもたらされるという神の約束を確信したのです。それゆえ、聖書は「信仰によって」認められつつも、その完成の途上に死んでいった人たちのリストに続けて、「信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら」生きることを勧めます。

2019.10.20(日)の礼拝の週報

42│2019年10月13日 聖霊19 金持ちと貧者

週    句

世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。
ヨハネの手紙 一 5:4
説  教   「御国を受け継ぐ者」:梅田 環

金持ちと貧者
アモ6:1~7、ヤコ2:1~9、ルカ16:19~31、詩73:21~28。

神は、世の貧しい人たちを敢えて選んで信仰に富ませ、ご自身を愛する者に約束された国を、受け継ぐ者となさった。

ヤコブの手紙 2:6

 こう、手紙の著者は述べます。それは、人間の目による豊かさと、神の前における豊かさの違いを明確に示すためです。教会は、どのような時でも、神の前における豊かさに生きることを追求しなければなりません。
 教会の中に人間的な序列を持ち込もうとする心情に対して、この手紙の著者は徹底的に抵抗します。たとえそれが世の中でしばしば見受けられる行為だとしても、著者はそれに抵抗します。なぜなら、それは、「栄光に満ちた、わたしたちの主イエス・キリストを信じる」こととは両立しないからです。
 イエス・キリストの栄光は、彼が傷を受け、血を流し、十字架で命を奪われることによって、現されました。イエスが、そのようにして、最も貧しい者と共に生き、死ぬことによって、全ての人間は、神の前に生きていてもよいものとされました。そのように教会は教えているのに、その教会に置いて、もし、人間が人間を格付けしたり、えり好みしたりするとしたら、それは、イエスによって死からいのちへと取り戻された者の集まりではなくなってしまうでしょう。
 社会の貧困率が上がってきているそうですが、それは、教会が手を伸ばし、教会に迎え入れられる人々がますます増えて来ているということです。経済的な困難に直面する時こそ、教会が主イエス・キリストの栄光に生きる時です。その、根本的な事実を、わたしたちは、心に刻んでおきたいと思います。

2019.10.12(日)の礼拝の週報

41│2019年10月06日 聖霊18 世 の 富

週    句

キリストは死を滅ぼし、福音を通して不滅の命を現してくださいました。
テモテへの手紙 二 1:10
説  教   「満ち足りることを知る」 :梅田 環

世 の 富
アモ8:4~7、Ⅰテモ6:1~12、ルカ16:1~13、詩49:2~21。

信心は、満ち足りることを知る者には、大きな利得の道です。

テモテへの手紙 一 6:6

 この手紙が当てられている教会は、地上のどの他の教会とも共通する、人間のさまざまな欲が支配する場所でありました。名誉や金銭への欲は「信仰」を与えられた人間の集まりである教会にさえも存在するのです。だからこそ、この手紙の著者は「信心」を問題にします。神に招かれ、「信仰」を与えられた人間の向かう先を示す、表に現れる人間の心としての、「信心」です。
 人間が信じる心としての「信心」の現れかたは多様でしょう。この手紙の著者によれば、自分が得をしようと思って、つまり、何らかの欲が満たされることを願って、「信心」があると、それは「ねたみ、争い、中傷、邪推、絶え間ない言い争い」のもとになると言います。しかし、それがないところ、つまり、「満ち足りることを知る者」には、「大きな利得の道」であると言うのです。何らかのほかの目的がない、信心のための信心は、それに熱心であるほど、他の欲求から人間を解放し、自由にするからです。それこそが、人が世界で生きることの「利得」です。
 「信心」は、人が、いのちの歩みで経験するさまざまの喪失、さまざまの敗北によって、人が押しつぶされるようになることを、免れさせます。「信心」は、人のいのちの歩みを人間の欲求の間に置くのではなく、遠く神につなげようとするからです。
 「いのちを得るために、あなたは神から召され、多くの証人の前で立派に信仰を表明したのです」という言葉が、わたしたちの内に実現する「信心」を追い求めようではありませんか。

2019.10.05(日)の礼拝の週報

40│2019年09月29日 聖霊17 十字架を背負う

週    句

思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神があなた方のことを心にかけていてくださる。
ペトロの手紙 一 5:7
説  教    「共に喜び、共に泣く」 
           〜地域宣教を担うわたしたち〜:草苅隆幸

新しい人間
創37:12~28、コロ3:12~17、ルカ15:11~32、詩37:7~22。

あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。
コロサイの信徒への手紙 3:12

 コロサイの教会に与えられている徳目表は他の書簡にも見られる一般的なものです。キリスト教に、また、キリスト教徒にとってのみ、それらが必要なわけでも、実行可能なわけでも、決して、ないものです。ギリシャ哲学においても要求される徳であったそれらのものは、しかし、キリスト者においては「主」が基準となっています。
 イエス・キリストによって悪や過ちから買い戻してもらった者であるから、これらの徳がキリスト者に求められるのだ、と言うのです。著者は、その徳の実践には、人間の意思や努力が必要だとは語りません。求めるべきは、キリストが人間に示してくださった「全てを完成させる愛であり、それに「与らせるために」招かれているところの平和です。
 この両者は、いずれも人間の外からやって来るものです。著者が伝えようとしていることは、その人間の外からやって来るものに対して、心開かれてあれ、ということ。それは、著者の伝えるところによれば、「言葉」を受け取り、「互いに教え」、「詩編と賛歌と霊的な歌により、感謝して、心から神をほめたたえ」ること、すなわち、礼拝行為です。
 キリスト者であることは、社会の中で生きる時に、高い倫理基準を持って生きることではありません。キリスト者であることは、神に生かされ、担われ愛された喜びと感謝を持って、礼拝する人間として生きることです。わたしたちも、著者の書き上げる徳目を喜び、力まないで、主の日の賛美を建てる礼拝者集団でありたい。

2019.09.28(日)の礼拝の週報

39│2019年09月22日 聖霊16 十字架を背負う

週    句

わたしの魂よ、主をたたえよ。主の御計らいを何ひとつ忘れてはならない。
詩編 103:2
説  教    「新しく創造される」   :梅田 環

十字架を背負う
サム下18:31~19:1、ガラ6:14~18、ルカ14:25~35、詩142:2~8。

割礼の有無は問題ではなく、大切なのは、新しく創造されることです。
ガラテアの信徒への手紙 6:16

 ガラテアの教会には、「割礼」に重きを置く人々が生まれていました。割礼を受け、ユダヤ教の求める律法遵守の姿勢を貫くことで、神の救いに与ろうという考えです。しかしながら、パウロにとっては、それは、キリストの十字架の福音の意味を無くさせてしまうものでした。それゆえ、パウロはそれと闘わなければなりませんでした。
 イエスの十字架と復活が、その人の上にどのような意味を持つのかということを、パウロは「この十字架によって、世はわたしに対し、わたしは世に対して、はりつけにされている」と表現しています。十字架が、人間の生にとって決定的な意味を持つことを「はりつけにする」と言い表すのです。
 十字架は、神の差し出す赦しを、イエス・キリストという形で、人間が受け取る場所です。人がどのような存在であったとしても、どのようなことをなしたとしても、なし得なかったとしても、人間のあり方に関わりなく、人は、十字架によって、神からの赦しを一方的に与えられています。パウロが、自分は、その十字架によって、「世」に対して、「はりつけ」にされたと言うとき、それは、パウロにとって、「世」の価値は意味のないものとなっていること、そして、パウロは、「世」の価値で生きてはいないことを伝えています。
 それゆえ、「世」の中で、軽蔑され、晒し者にされ、苦しい思いをすることもあります。パウロには、「世」の中で、評価されるものはなく、「十字架のほかに、誇るものが」何ひとつなかったのです。わたしたちも、十字架を背負う「新しく創造される」人の人生を生きたい!

2019.09.22(日)の礼拝の週報

38│2019年09月15日 聖霊15 神からの誉れ

週    句

わたしの兄弟であるこの最も小さい者のひとりにしたのはわたしにしてくれたことなのである。
マタイによる福音書 25:40
説  教  「今していることを続ける」 :梅田 環

神からの誉れ
箴25:2~7a、Ⅱコリ11:7~15、ルカ14:7~14、詩31:15~25。

わたしは今していることを、今後も続けるつもりです。それは、わたしたちと同様に誇れるようにと機会を狙っている者たちから、その機会を断ち切るためです。
コリントの信徒への手紙 二 11:12

 パウロは、コリントの教会では、「神の福音を無報酬で告げ知らせた」ことで、かえって教会から批判を受けてさえいたようです。なぜなら、コリントの教会は、パウロにとって、経済的支援を求められる教会ではなかったからです。パウロは、自分の困窮の際には、「マケドニア州から来た兄弟たち」に必要を満たしてもらっていますが、コリントの教会とはそうした関わりを持ちません。
 豊かな都市コリントの教会にはなくて、困難を生きる小さなマケドニア州の教会にはある、交わりの性質のゆえです。神において結びつけられた関係であれば、必要な時に必要なものを与えて欲しい、支えて欲しいと願うことができます。物怖じすることなく、他者の判断や評価をおもわんばかることなく、願い出ることができるものです。それは、人に対する行為ではなく、神に対する行為であるからです。けれども、神において結びつけられたはずの共同体が、そのような性質を失うことがあります。そこでは、支え支えられることは、人間の観点からの出来事になってしまいます。
 パウロは、コリントの教会に対して、「負担をかけない」ことで、この教会が、神の前での交わりを取り戻すことを願っています。
 「誰に」対してやった、とか、「誰が」やったとかいう、教会共同体の特定の個人に帰する行動ではなく、神に結ばれた人間として教会共同体に連なる者の交わりが、教会で、ブロックで、地方連合で、連盟で、どのようなされているかを振り返ってみましょう。

2019.09.14(日)の礼拝の週報

37│2019年09月08日 聖霊14 正しい服従

週    句

彼は傷ついた葦を折ることなく、暗くなっていく灯心を消すこともない。
イザヤ書 42:3
説  教  「弱い人を受け入れなさい」 :梅田 環

正しい服従
出23:10~13、ロマ14:1~9、ルカ14:1~6、詩92:2~16。

信仰の弱い人を受け入れなさい。その考えを批判してはなりません。
ローマの信徒への手紙 14:1

 ここに言う「信仰の弱い人」とは、肉食を断つことで、神に対して誠実に向き合うことができる、と考えている人のようです。それは従来習い行なって来た宗教行為であったかもしれません。しかし、キリスト・イエスの十字架と復活のゆえに、「罪は、もはや、あなたがたを支配することはない」(ロマ6:14)と教えるパウロによれば、そのような伝統的に正しい信仰の応答の姿と考えられたものは、もはや意味のない行為なのです。そこで、パウロは、十字架の福音の与える自由を生きることができない者を「信仰の弱い人」と呼びます。
 ここで、問題になるのは、そのように、何を食べるか何を食べないかというような点において、人を軽蔑したり、裁いたりすることが、教会の中におこっていたことでした。
 パウロは「各自が、自分の心の確信に基づいて決めるべきこと」という言葉によって、この対立を収めようとします。それは、日常生活での振る舞いは、個人の選択・決断が重要であるということより、むしろ、他者の日常生活における振る舞いについて言及することが意味のないことであると、パウロが考えていることを示しています。
 パウロにとって、重要なのは、自由に生きる者も、自由に生きることができない者も、そのひとり一人が「生きるとすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために死ぬ」といういのちを生きているのか、ということです。それぞれが個人の決断として「主のもの」として生きているか。そのような生き方こそが神への服従であり、それには、定型的なものは存在しません。それぞれの模索へとパウロは招く。

2019.09.08(日)の礼拝の週報