08│2019年02月17日 降誕8 教えるキリスト

週    句

わたしたちは、あなたの深い憐れみのゆえに、伏して、嘆願の祈りをささげます。
ダニエル書 9:18
説  教   「あなたは幸いだ」 :大竹敏生

教えるキリスト
箴3:1~8、Ⅰコリ4:8~16、ルカ8:4~15、詩147:1~11。

イエスはこのように話して、「聞く耳のある者は聞きなさい」と大声で言われた。
ルカによる福音書 8:8b

 この譬えは、もともとは、種を蒔くこととその結果についての単純な教えだったそうです。種を蒔くと、蒔いた種は、様々な場所に落ちて、芽が出たり出なかったり、場合によっては、予想外の収穫ができたり……。要約すれば、そういうお話し。それは、種蒔きという行為を知っている人々にとっては、耳新しいものではありません。
 で、当然、人々は混乱し、「このたとえはどのような意味かと尋ね」ました。種とは神の言葉であり、土地は人のありようです。神の言葉は多様な人々によって聞かれ、受け入れられたり、受け入れられなかったりするものです。場合によっては、よい土地に落ちることもあるものだ、とイエスは説明されました。
 このたとえは、初代教会の中で大切に受け継がれ、教えられて来ました。なぜなら、イエスは、単に、農業における常識を語ったわけではなかったからです。また、その解釈も、単に、道徳的向上を勧める言葉ではなかったからです。それは、「神の国の秘密」について語っているものであり、だからこそ、教会はそれを大切に伝えたのです。
 神の国は、種を蒔く人の働きのように、多くは徒労に終わります。五つのうち、四つは達成できないかもしれない。しかし、それでも、いつかは、五つ目が豊かに実りを得るかもしれない。また、神の国は、多様な人間が神の言葉を聞くようなものかもしれません。聞き方は多様であり、神の言葉によって養われるかどうか、生きることが支えられるかどうか、分からないものです。けれども、もしかすると、人によっては、それが起こるかもしれません。心して神に期待せよ!

2019.02.19(日)の礼拝の週報

07│2019年02月10日 降誕7 安息日の主

週    句

あなたの上には、主が輝き出で、主の栄光があなたの上に現れる。
イザヤ書 60:2
説  教    「人の子は安息日の主である」    :梅田 環

安息日の主
出20:8~11、Ⅰコリ3:18~23、ルカ6:1~11、詩42:2~12。

そして、彼らに言われた。「人の子は安息日の主である。」
ルカによる福音書 6:5

 イエスは、ダビデの行為を引き合いに出し、律法をどのように受け取り、実践するかの権威は、「人の子」にある、と言います。この「人の子」が終末的メシアのことを意味するのか、それとも、イエス時代の一人称の表現としての「人の子」(つまり、「わたし」)を意味するものなのか、それとも、一般的な意味においての人間を意味するものなのか、諸説あります。
 または、「人の子は安息日の主である」とイエスが語るとき、その言葉が意味しているものは、一般的な意味においての「人の子」であろうと、理解することもできるでしょう。すなわち、人は安息日に支配されるものではない、ということをイエスは伝えたということです。そのように理解した場合、イエスはこの言葉によって、律法を根拠にして、人間の間で、権威を振りかざす当時の宗教勢力の姿勢に、正面から対峙しようとしている、ということになります。イエスは、その勢力との対決によって、権力によって排除される全ての人を、神の恵みのもとにあるいのちへと取り戻そうとしているのです。
 そこで、そのような発言の実践として、イエスは「ほかの安息日に」片手が不自由な人を公の場所で治癒するという行為に出ました。
 それは、人を分断し、排除する社会に広がり、人の世界を支配する価値観を乗り越えようとする行為でした。この挑戦は、対立する者たちの憎悪を掻き立て、イエスの十字架を招くことになります。それゆえ、「人の子」は、神の国の姿が示される終末的なメシアとなってゆくことになります。

2019.02.09(日)の礼拝の週報

06│2019年02月03日 降誕6 新しい教え

週    句

来て、神の御業を仰げ、人の子らになされた恐るべき御業を。
詩編 66:5
説  教    「新しいぶどう酒は新しい革袋に」  :梅田 環

新しい教え
エレ13:1~11、Ⅰコリ2:1~5、ルカ5:33~39、詩109:21~31。

新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れねばならない。

ルカによる福音書 5:38

 「徴税人や罪人」と一緒に、飲んだり食べたりするイエスに対して、「断食をしない」という批判が寄せられました。断食は分かりやすい宗教行為であったのに、イエスは、それを実践するというよりは、むしろ、その逆の行為を行いました。
 イエスは、食卓の交わりを目に見える神の支配の象徴と、理解していました。そして、とりわけ、自分が人々と共にあることは、「婚礼」のような喜びの時であるべきものだと考えていました。そのような考えは、伝統的なイスラエルの宗教からは、逸脱するものです。神の民は神の花嫁であるとたとえられ、そのように、神と神の民との契約を理解することはありましたが、イエス自身が花婿であると考えることは、伝統的な宗教の枠組みに生きる者にとっては、あまりにも大胆な考えに映りました。
 イエスは、それゆえ、それほどに新しい神の支配の理解を、古い価値観において受け取ろうとすることを「新しい服から布切れを破り取って、古い服に継ぎを当て」ることにたとえました。そんなことをすれば、新しい服を台無しにしてしまう、とルカ福音書では伝えます。そして、また、「古い」ものに慣れ親しんだ者は誰も新しいものを欲しがらない、とも言います。
 イエスが伝えた神の支配を受け入れることは、形の上で、それをなぞることではありません。イエスの語る神の支配を、もし、「古い服」に適応させて運用するのだとすれば、むしろ、それは、新しいものの方を無効にしてしまう行為なのです。

2019.02.03(日)の礼拝の週報

05│2019年01月27日 降誕5 新しい神殿

週    句

人々は、東から西から、また、南から北から、来て、神の国で宴会の席に着く。
ルカによる福音書 13:29
説  教    「惑わされないように」  :梅田 環

新しい神殿
ハガ2:1~9、Ⅱコリ6:14~7:1、ルカ21:1~9、詩48:2~12。

イエスは言われた。「惑わされないように気をつけなさい。わたしの名を名乗る者が大勢現れ『わたしがそれだ』とか、『時が近づいた』とか言うが、ついて行ってはならない。」
ルカによる福音書 21:8

 天災や人災を〈世の終わり〉の兆候と看做(みな)し、ことさらに不安を煽(あお)り、信仰心を掻き立てる、という宗教団体の遣り口は、キリスト教会とも無縁ではありません。
 物語は「やもめの献げもの」の話から始まります。彼女は、この後の一連の流れの中で、信仰に生きる者のモデルとして機能します。それは、貧しいながらも、持てる全てを神に捧げることのできる姿、自分の存在の根拠を神にのみおいて生きる姿です。そのような生き方が、一人ひとりの信徒たちの内側に確かに根付いているならば、来るべき「終末」において、どのように生きれば良いのかということはおのずから明らかになる、とルカは考えているのではないでしょうか。
 貧困の中で、神にのみ信頼する者がいる一方で、神殿という宗教施設は壮麗に飾り立てられていました。けれども、イエスによれば、「一つの石も崩されずに……残ることのない日が来る」のです。堅固、かつ、きらびやかな、信仰の象徴たるべき建物よりも、確かに存在する者は何であるのか、ルカは知っています。そのように、人が神に信頼することを知っていれば、さまざまな天災や、また、戦争被害のような人災が拡大する中で、「惑わされる」ことなく、神に繋がって生きることができるはずです。
 その神との繋がりは、困難や災害の中で絶望して、明日を生きることをあきらめるのではなく、そこになお自分の責任的関わりを見出させてくれます。

2019.01.27(日)の礼拝の週報

04│2019年01月20日 降誕4 宣教の開始

週    句

律法はモーセを通して与えられたが、恵みと真理はイエス・キリストを通して与えられた。
ヨハネによる福音書 1:17
説  教  「この聖書の言葉は実現した」:梅田 環

宣教の開始
民9:15~23、Ⅰコリ1:1~9、ルカ4:16~30、詩111:1~10。

そこでイエスは、「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と話し始められた。
ルカによる福音書 4:21

 「イエスを信じる」と言う時には、心のどこかに視点の転換が起こっているものです。人は、何か人生の肥やしや生きるための癒しを求めて、教会に来たり、聖書をひも解いたりするのですが、結果として、受け取るものは、そうした自分の人生にとって漠然と「プラスになる」ものではない(!)ことが多いものです。
 イエスが育ったその場所ナザレでどのようにして受け入れられたのかを、ルカ福音書は伝えます。会堂で、イエスが朗読するのは、来るべきメシアについてのイザヤの預言です。朗読を通して、自らを、公(おおやけ)に、救いの業を行う者として示すイエスに対して、人々は、それを肯定的に受け入れます。ナザレの人々にとって、地元に根ざして生活を共にしているこの人が、聖書の伝えるメシアであることに対する驚きはあるにしても、決定的な拒絶には至りません。メシアが、当たり前の出自をもつ一般人だとしてもなお、自分がなんらかの形で救いに与ることができるのであれば、問題はなかったのです。
 ところが、イエスは故郷の人々の期待に対して水を差します。「預言者は自分の故郷では歓迎されない」と、エリヤやエリシャを例に出して、救いはイスラエル民族の枠組みを超えていることを伝え、イエスとの物理的な距離の近さや心情的な近さなどは、イエスの示す救いに与る根拠にはならないことを告げました。
 イエスがなそうとする業は、こうして、本来自分に優先権があると考えていた人々の期待を大きく裏切る形で始められることが示され、それゆえ「これを聞いた会堂内の人々は皆憤慨」しました。

2019.01.20(日)の礼拝の週報

03│2019年01月13日 降誕3 最初の弟子たち

週    句

神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。
ローマの信徒への手紙 8:14
説  教   「わたしは罪深い者」:梅田 環

最初の弟子たち
出18:13~27、使16:11~15、ルカ5:1~11、詩101:1~8。

シモン・ペトロは……「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と言った。
ルカによる福音書 3:22b

 「網を降ろし、漁をしなさい」と、イエスは命じます。その言葉を聞いた漁師たちは反論しました。おそらく、この状況では、魚が捕れることはないだろう、「しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」とイエスの言葉に従ってみると、漁師たちは思いもかけない大漁に恵まれます。
 漁師シモンは、想像することのできなかった大漁を目にして、イエスが共にあることのゆえか、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と告白します。言葉に従って、網を降ろしてみたのは、シモンであるのに、自分は「罪深い」と。それは、しゅうとめのいやしや、霊に取り憑かれた人のいやしなどが既に与えられているにもかかわらず、なお、イエスがどのような方であるかの本質を理解していなかった、自分の姿についての言葉であるのです。
 イエスは、シモンが諦めたところに声をかけ、シモンが理解しないことについて勧めます。そして、イエスはシモンが信じないところに招きます。
 イエスにとって、シモンの側の準備や理解や経験などは、問題になりません。イエスが招くとき、招かれた者に求められていることは、ただ、「降ろしてみましょう」という、確信がないながらも、何かの可能性に開かれることだけです。自分の確信や可能性がないところに、まだ何かの可能性があるかもしれないことに開かれることだけです。そこにある可能性とは、神の力が働く可能性です。そこへ向けて開かれることへと、イエスは招きます。

2019.01.13(日)の礼拝の週報

02│2019年01月06日 降誕2 イエスのバプテスマ

週    句

闇が去って、既にまことの光が輝いている。
ヨハネの手紙 一 2:8b
説  教  「声が天から聞こえた」:梅田 環

イエスのバプテスマ
ヨシュ3:1~17、使10:34~48a、ルカ3:15~22、詩104:24~30。

……すると、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という声が、天から聞こえた。
ルカによる福音書 3:22b

 バプテスマのヨハネは、同時代の人々にとって、不安の時代に進むべき指針を示してくれる人物として映っており、人によっては「もしかして、彼がメシアか?」と思っていました。けれども、ヨハネ自身はそれを否定し、水でバプテスマを行う自分は、聖霊と火でバプテスマを授ける「来るべき者」に並ぶことはできない、と言いました。
 ヨハネは、自分が何に従っているのかを、知っていました。ヨハネは、より大きな神の意志・より明確な神の意志の前に、自分を従わせることを知っていたのです。やがて、ヨハネのもとに、イエスがやって来ますが、そこでは、イエス自身の口を通して、イエスが何者であるかが語られることはありません。ただ、外から観察されたこととして、イエスのバプテスマに際して、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という声が天から届いたことが伝えられます。イエスも、また、ヨハネの理解がどのようなものであり、また、周りの受け止めかたがどのようなものであるとしても、より大きな神の意志に自分を従わせるものとして登場するのです。
 神の意志に自分を従わせたヨハネの生涯は、彼がその過ちに直目するようにと迫った領主へロデとの対立により、投獄と死をもって結ばれます。
 バプテスマによって、読者(民衆/わたしたち)の前に姿を表すイエスは、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という言葉をどのように聞く(生きる)のか、福音書を読む者は、イエスに備えられている十字架への道を思い起こすことになります。

2019.01.06(日)の礼拝の週報

01│2019年01月01日 降誕 命名日 キリストの降誕

週    句

全てを、主イエスの名によって行い、イエスによって、父である神に感謝しなさい。
コロサイの信徒への手紙 3:17
説  教    「言は肉となって……」  :梅田 環

言の受肉
イザ52:7~14、ヘブ1:1~6、ヨハ1:1~14、詩2:1~12。

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。
ヨハネによる福音書 1:14a

 ヨハネ福音書には、マタイ福音書やルカ福音書のような降誕物語は記されていません。また、マリアやヨセフといった降誕物語の中心人物はだれも登場しません。他の福音書では「マリア」という一個人の名前が挙げられ、神の子を宿した女性として讃えられています。しかし、ヨハネ福音書に、神の子の母は登場しません。ヨハネ福音書は言います。「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた」。
 人となられた神の言葉は、マリアという特別な女性に与えられたのでもなければ、ベツレヘムという遠い町にお生まれになったのでもありません。今、生きているわたしたちのもとに来られ、わたしという存在が神の子を宿す器とされたのです。
 しかし、神の子がその住まいとされたわたしたちは、立派な器ではない。もろく、はかなく、弱い存在です。荒れた部分、闇の部分があり、そこには、自分と相容れないものは排除したいという暴力的な思いさえあります。この弱さをもったわたしたちの中に、救い主は来られた。それも、わたしたちと同じ弱さをもった肉なる存在として。そして、神の言葉で、わたしたちの弱さや傷に触れ、癒してくださる。
 また、わたしたちが自己中心的な考えに陥り、他を排除しようとするとき、わたしたちを対話と和解と共生へと導く知恵を与えてくださる。なぜなら、神の言葉の受肉は個人的な事柄に留まるのではないからです。「わたしたちの〈間〉に宿られた」と記されているように、わたしと隣人の間に立ち、わたしたちを繋ぎ合わせる橋としてお生まれになったのです。

2018.12.31(日)の礼拝の週報

54│2018年12月30日 降誕1 東方の学者たち

週    句

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。
ヨハネによる福音書 1:14
東方の学者たち
イザ61:1~11、Ⅰヨハ1:1~2:2、マタ2:1~12、詩21:2~8。

ところが、「ヘロデのところに帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って、自分たちの国へ帰って行った。
マタイによる福音書 2:12

 時代の困難の闇が深まるとき、その現実を変革してくれる存在「メシア」を、人々は待望します。神が立てる「メシア」とはどのような存在であるのでしょうか。東の国からやって来た占星術の学者たちにとっては、それはそもそも「星」が教える存在でありました。当時、世界の常識では、偉大な人物の誕生や死に際しては、天文的な変動が起こる、と考えられていたため、占星術の学者たちも、そのような特異な天文現象の分析により、妥当とした場所を尋ねて、ユダヤにやって来ました。
 ところが、占星術の学者は、ユダヤの地に到着すると、星を見るのを止めてしまいます。そして、星のみを見て、それに従うのではなく、学者たちは「メシア」が生まれるはずの場所を、人間の「王」のいるところだと判断してしまうのです。
 聖書の民に約束されているメシアは、「貧しい人に良い知らせを伝え」、「打ち砕かれた心を包み」、「捕らわれ人には解放を告知」するために、立てられるものです(イザ61:1)。そのようなことを行う者は、現実の人間の為政者、人を支配する者ではあり得ません。地上の為政者には、そのような導きを期待することは、到底、できません。
 占星術の学者たちは、自分たちの過ちを知ります。学者たちは王のいるところを離れ、もう一度、星に従って道をたどり、今度は何の変哲もない家の中にいる「幼子」を見出します。幼子へと導かれた学者たちは「喜びにあふれた」、と物語られます。メシアを見出すことは、時に、常識に邪魔され、見誤ることもあるものです。

2018.12.29(日)の礼拝の週報

53│2018年12月24日 誕前聖夜 人となったロゴス(言)

今 夜 の 聖 句

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
ヨハネによる福音書 1:1

言は肉となってわたしたちの間に宿られた。
ヨハネによる福音書 1:14a
おはなし    言は人の光であった!  牧 師

言(ロゴス)は人の光
イザ45:22~25、フィリ2:1~13、ヨハ1:1~14、詩98:1~9。

その光は、まことの光で、世に来て、全ての人を照らす。
ヨハネによる福音書 1:9

 キリストの誕生日は、極めて神学的な理由で、12月の25日と定められました。それは北半球に住む人間が、最も闇が濃くなることを肌で感じる時だからです。そこで、闇を克服する光の到来として、古代のキリスト者はキリストの誕生日を冬至に設定したのです。
 ヨハネ福音書の語り出しは、「言と光」という抽象的な表現で,イエス・キリストの働きを言い表します。それは、人間の生きる場所の混沌に,光をもたらす秩序(言)としてのキリストであり、人間がそこを生きなければならない暗闇を照らす松明(光)としてのキリストです。キリストとしてのイエスに出会うことによって、混沌と暗闇の中にあるわたしたちのいのちの歩みは意味あるものになる、とヨハネ福音書は考えています。
 しかしながら、同時に、秩序は混沌の中でこそ意味をもち,光は闇との対比においてこそ,人間を照らすものとなる。そうであるならば、言と光は、混沌の暗闇において、わたしたちを導くものとして存在するのであり、混沌と暗闇を世界から完全に駆逐する力を持つものではないのでしょう。ただし、それは、混沌と暗闇の支配力を決定的に無力化するものなのです。わたしたちが、それに圧倒され、取り込まれ、押しつぶされそうになるときに、踏み留める働きをなすものです。
 わたしたちの人生の歩みは、クリスマスを越したからといって、明日から万事が好転するわけではありません。冬至を過ぎても、わたしたちを取り巻く闇は、深く濃いままです。けれども、冬至の翌日から、少しずつ、日が長くなっていくように、言を得て、光に照らされたわたしたちは、その闇を抜け出すための希望を得ています。言が、わたしたちの明日を照らすことを信じ、受けとめようではありませんか

2018.12.26(日)の礼拝の週報